甲斐的空間

主に北杜市内の観光情報、弊社の事業活動を発信しています。

来て観て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

添乗日記

250210_000
2月10日日曜日、三連休の真ん中。NPO法人甲斐のめぐみから引き続いて第81回目となるボランティアバスが池袋より出発いたしました。(80回目は福島県南相馬市での活動でしたが残念ながら、ご紹介できる画像がございませんのでご報告のみとさせて頂きます。)
今回の活動は宮城県石巻市牡鹿半島での活動となりました。上記の写真は活動場所の近くで放射線量を計測した時のものです。(単位/マイクロシーベルト毎時)
今回は、リピーターの方たちに加え初参加の学生さんを始め大勢の方々にご参加頂きました。
小春日和の中、39名様の参加者の方々と一緒に現地の漁師さん達のお手伝いさせてもらった内容は以下より。

■活動日

平成25年2月10日 日曜日

■活動人員

総勢39名
大型バス1台 運転手2名 添乗員1名

■活動場所

宮城県石巻市(牡鹿半島)鮫ノ浦漁港

より大きな地図で 2月10日活動場所 を表示 

■活動内容

ホヤ養殖のお手伝い
人数が多いので2班毎に別れての活動となりました。
作業内容は同じく種床となるカキ殻の選別でした。

■活動スケジュール

2月9日土曜日 20:30〜
山梨県内各地を出発
   :
2月9日土曜日 23:45
池袋サンシャインシティプリンスホテル出発
   :
(車中泊)
この前とあるバスツアーに参加した時一斉に座席を倒していたのを思い出し実践してみました。
こうして私たちは雪の心配も無く順調に目的地に向かっていきました―。
   :
2月10日日曜日 早朝04:30頃〜
東北自動車道<菅生PA>で朝食。
気温マイナス7度。着替えは暖かくなってからする事に。
   :
2月10日日曜日 07:00頃〜
途中、石巻市内のコンビニエンスストアで活動中のお昼ご飯の準備をしました。
   :
2月10日日曜日 08:30〜
牡鹿半島の鮫ノ浦漁港へ到着です。今回も漁師の阿部様を通じ今年2回目の漁業支援をさせて頂きました。
日も高くなり気温も大分上がってきました。早速着替えを終え作業場所へそれぞれ移動しました。今回は大人数という事で2チームに分かれての作業になります。
250210_001250210_002250210_005

参加者の方々の作業の様子をご紹介します。
250210_006250210_007250210_008250210_009250210_024250210_025
休憩中〜漁師の阿部様を交え色々な会話に花が咲きました。
250210_014250210_016250210_017

午前中の作業も無事に進み、お昼休憩です。
250210_040250210_041250210_046

おいしそうに食べている料理はと言うと。漁師の阿部様が新鮮な海苔と牡蠣を入れて作ってくれた海鮮スープです。味付けは塩のみ。参加者のみんなも驚きです・・・。
牡蠣と海苔の出汁がすごく出ていて香りも味も両方とも大変おいしく頂きました。
みんな御代わりもして大変満足した様子でしたよ。ありがとうございました。

午後の活動も一層気力に満ち溢れ大変明るい雰囲気と天候の中で行われました。

2月10日日曜日 13:45
ボランティア活動終了
阿部様にお礼をし、山梨からのあるプレゼントをお渡して帰路へ付きました。
   :
2月10日日曜日 14:40〜16:00
石巻市内の「天然温泉元湯 元気の湯」で休憩&入浴
リピーターの方からのご紹介
★カリタス石巻ベース(お茶っこ)
という場所が近くにあります。こちらは近隣の人たちの憩いの場となっております。各方面からボランティアの方がいらしてお茶会を開催している場所でもあります。
今後近くへ行く際は皆様もお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。
   :
2月10日日曜日 18:30〜19:10
東北自動車道<国見SA>到着
トイレ・夕食休憩
   :
2月10日日曜日 22:40
池袋駅/池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着
   :
2月10日日曜日 23:00頃
山梨県内各地到着

■後記
今回お世話になりました漁師の阿部様へプレゼントがありました。
ご存知ではありますが、バレンタイデー前という事でご用意致しました。
思えば去年も、この時期ボランティアバスに参加していてチョコレートを頂いたり贈ったりしていました。節目、節目をしっかり思い返してみると、それを切欠にいろんな事が思い出されます。
そういえば震災1年後メモリアルツアー(1泊3日)なんて企画もありました。
今年もあるかな・・・。
最新情報は当社HP上にて随時更新中です。

このブログをご覧頂きありがとうございます。またのご参加お待ちしております。
250210_056

(平成25年2月10日 宮城県石巻市牡鹿半島鮫ノ浦漁港にて 記:秋山)

画像 007

「陸前高田市ボランティアセンターがリニューアルしました」
陸前高田市復興サポートステーション

「社会福祉協議会からNPOに変わり、メンバーや考え方は変わっていません」
とお話をして下さった創設者の伊藤様。(写真の左側の男性が伊藤様です)

いつもの変わらぬ笑顔で私達を出迎えて下さり、ありがとうございました。
今回のボランティアバスは、2013年初めて雪の中での作業でした。

山梨を出発する前、雪での交通規制など心配はありましたが、運良く無事に到着することが出来ました。
画像 005


■活動日
平成25年1月19日 土曜日

■活動人員

総勢20名
大型バス1台 運転手2名 添乗員1名

■サポートステーションの場所と活動場所

サポートステーション:気仙中学校の道を直進すると右手に山田洋次監督によって建てられた「黄色いハンカチ」があり、その反対側に開所されました。
活動場所は、サポートステーションからバスで10分程行く米崎町という場所です。

大きな地図で見る
■活動目的と活動内容

「個人の住居跡を有効活用して欲しい」というご依頼を受けたそうです。
将来的には皆様が集える「コミュニティースペース」を作るため、畑・花壇・あづまやを作っているそうです。

そこで今回私達は「花壇作り」の一番最初の作業である「肥料運び」をさせて頂きました。
活動場所に到着後、サポートステーションの方から作業内容を教えていただき、3つの班に分かれて作業を行いました。1班目は、山になっている肥料をスコップで一輪車に入れる班。2班目は、一輪車で肥料を運ぶ班。3班目は、肥料を平らにして整える班でした。


■活動スケジュール

1月18日金曜日 20:30〜
山梨県内各地を出発
   :
1月18日金曜日 23:45
池袋サンシャインシティプリンスホテル出発
   :
 (車中泊)
   :
1月19日土曜日 04:35〜
東北自動車道<長者原SA>で朝食、着替え休憩
   :
1月19日土曜日 06:10〜
<道の駅かわさき>でトイレ休憩

外は大変寒く、この時の気温は−7℃でした。

上は「厚手の下着・ハイネック・フリース・ジャンバー」
下は「スパッツ(レギンス)・厚手の靴下・厚手のズボン」+ホッカイロなど
防寒対策が十分に必要です。
250119 004

1月19日土曜日 07:05〜
<気仙沼にいつきパーキング>でトイレ休憩

トイレ休憩後、今までのボランティア活動を振り返って頂くために制作されたNPO甲斐のめぐみ
オリジナルの活動記録DVDを見ていただきました。

収録内容は、震災翌週の3月18日から始まった支援活動が記録写真によって
時系列で構成されています。
活動の軌跡でもありますが、初めて活動する方、これからしようとお考えの方には
服装や活動内容なども参考にしていただければと思います。

   :
1月19日土曜日 07:40〜
<陸前高田市内のコンビニエンスストア>で活動中の昼食を準備していただきました。
   :
1月19日土曜日 08:10
陸前高田サポートステーションに到着です。
車内でのオリエンテーション(センタースタッフによる活動内容・注意事項・避難経路の説明)後
作業に必要な資材をお借りして、活動場所まで出発です。

注)ここ”サポートステーション”では、以前のボランティアセンターとは違い
ボランティアのための作業用資材が不足しています。
特にゴム手袋、長靴、インソールは最低限の活動準備として各自でご用意をお願いします。
また、なるべくスコップや鎌、土嚢袋など、用意できるものは用意することが
私たちお手伝いする側の姿勢であり、ステーションへの配慮かと思います。

1月19日土曜日 09:10〜
活動場所に到着。作業に入ります。
活動風景
画像 040画像 050画像 022画像 028画像 031画像 051250119 053250119 045250119 049




休憩時間
画像 055画像 059画像 054
BEFORE
250119 039
AFTER
画像 064


1月19日土曜日 13:30
<活動場所>出発
着替えを女性はバスの中、男性は外で済ませ、
活動場所を出発します。
   :
1月19日土曜日 14:00
<陸前高田市復興サポートステーション>出発
皆様に協力をして頂き、資材の片付け・写真撮影を行いサポートステーションを出発します。
   :
1月19日土曜日 14:35〜15:10
『気仙沼さかなの駅』買物
以前にも紹介しましたが、ここは被災された商店の方々が生活再建のために力を合わせて作った
テナント施設です。
鮮魚コーナー・お土産コーナーの他、果物・酒・野菜など何でも取り揃えてあるお土産屋さんになっています。
帰る際はいつも「またのお越しをお待ちしております」と書かれたプレートを持って、お見送りをして下さいます
こちらこそお世話になりました!ありがとうございました。
画像 070画像 073画像 074
   :
1月19日土曜日 18:35〜19:10
<国見SA>で夕食休憩
   :
1月19日土曜日 22:30
池袋駅/池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着
   :
1月19日土曜日 24:50
山梨県内各地到着(今回は道があまり混雑しておらず予定通り無事に到着しました。)

■後記
陸前高田市で震災遺産として残されるものが4つあります。
   ゝだ臙羈惺
   ▲罅璽好曠好謄訐
   F擦留惺眦直掌
   4階まで浸水した雇用促進住宅(海側1棟)

これらを震災遺産として残すためには2つの条件が必要となるそうです。
  1点目:土地のかさ上げが必要のないエリアである事。
  2点目:建物内で犠牲者が出ていない事(亡くなられた方やご家族の方の心境を考えたため)
 そのような理由により、マイヤや市役所は震災遺産として残されないそうです。

 詳細ですが、
ゝだ臙羈惺擦旅纂法防災教育上の価値があり、日頃の防災教育のおかげで高台に逃げ、犠牲者が出なかった事を後世に伝えたいため。
▲罅璽好曠好謄訐廖О賈楙召奇跡的に残ったのはユースホステルのおかげだから。
F擦留惺眦直掌供淵織咼奪)じ柩兮タ塀斬陝奮ぢΠ貪錙法津波の高さが一目で分かるから。
  
建物は、大震災の経験や教訓を後世に語り継ぐ重要な役割があります。
震災遺産4つは45号線沿いにありますので、活動場所が陸前高田の際は是非ご覧下さい。

ボランティアは些細な事からできる優しさ・思いやりだと教わりました。
「ゴミ拾い」「道案内」「挨拶」「お手伝い」もそうなのだそうです。
身近で気づいたことを実行する事こそがボランティアの原点なのかもしれません


今回もブログを読んで下さりありがとうございました。

画像 068
(2013年1月19日 陸前高田市復興サポートステーション)(記:輿石)

こんにちは秋山です(*^-^)
 ついつい外出を敬遠しがちな季節ですが、運動不足になっていませんか。2月になれば早いところでは梅の花がお目にかかれる時期となり外出の機会も増えてくると思います。

 さて、僕は神奈川県の鎌倉・横浜、東京の浅草へ行ってきました。もちろん大切なお客様との旅行です。待望の東京スカイツリーと大相撲初場所観戦となった1泊2日の内容を以下にお伝えしたいと思います。(残念ながらあまり写真はございません。泣)

【1日目】 
 鎌倉の鶴丘八幡宮では今が見頃の冬牡丹を鑑賞し、小町通りの「鎌倉コロッケ」に舌鼓を打ちました。なにしろ天気が良くって絶好のお散歩日和。お客様の中には1時間以上鎌倉駅の周りを歩き続けていた方も・・・。湘南海岸ではサーフィンをしている人の姿も見受けられました。
 その後はキリンビール工場で見学と昼食を取り、ホテルのある浅草へ向かいました。

 宿泊は浅草ビューホテル様にお世話になりました。
今回は、なんとスカイツリーの夜景が見えるお部屋をご用意頂きました!当然、普通に宿泊した場合は見えるお部屋と見えないお部屋もありますのでご注意下さい。(宿泊者限定で20Fにある展望フロアに行く事が出来ます。ここから夜景が楽しめます。←スゴク綺麗で見応えがあります。)
 翌日の朝はスカイツリーの見えるレストラン「武蔵」でのビュッフェでした。

【2日目】 
 2日目は待望のスカイツリーの展望デッキ(340m)と展望回廊(450m)へ行ってきました。兼ねてからのお客様の希望ということもあり、非常に喜んでもらえました。オープン初日からエレベーターが強風により停止する騒ぎのあったスカイツリーでしたが、みなさん無事地上に戻って来られました。
10時07分20秒_0006
09時49分20秒_0011


 築地での食事を終え、いざ国技館へ。午後3時くらいに入場し十両から観戦。普段大相撲なんて見たこと無い僕ですが渡されたラジオを聴きながら(国技館FMという専用チャンネルがあります。場所中は解説からインタビューなどが放送されます。)見入り、聞き入ってしまいました。15時53分03秒_0005
帰りのバスの中でお客様と会話が出来るほどに。
そして無事到着。お客様にも大変喜んで頂きました。

【後記】
 1日目は鎌倉散策そしてビール工場の見学と、夜は歌舞伎町での宴会。2日目はスカイツリーに登って浅草散策。築地へ行ってお買物と昼食、最後は国技館で大相撲観戦・・・と非常に盛りだくさんな内容にご満足頂けました。オーダーメイドの旅行ならではの楽しみ方をこれからもご提案させて頂きます。皆様のご利用お待ち申し上げます。

(記:秋山)

250113 010

2013年初の現場が宮城県石巻市牡鹿半島でのボランティアバス・活動となった秋山です。2013年おめでとうございます。さて、1月を迎え山梨各地でも路面凍結、積雪など不穏な天候を迎えていますが、この度のボランティア活動は、道路渋滞や規制、天候などに恵まれて、トントン拍子に事が運んでいきました。受入先の方達にも暖かな心配りを頂いたりと、心も天気も小春日和の中で行われたボランティアの記事は以下より。

■活動日

平成25年1月13日 日曜日

■活動人員

総勢21名
大型バス1台 運転手2名 添乗員1名

■活動場所

宮城県石巻市(牡鹿半島)鮫ノ浦漁港

より大きな地図で 25年1月13日活動場所 を表示

■活動内容

ホヤ養殖のお手伝い
(種床となる牡蠣殻の選別作業)

■活動スケジュール

1月12日土曜日 20:30〜
山梨県内各地を出発
   :
1月12日土曜日 23:40
池袋サンシャインシティプリンスホテル出発
   :
 (車中泊)
雪の心配無く順調に進んでいきました。
   :
1月13日日曜日 早朝04:30頃〜
東北自動車道<菅生PA>で朝食、身支度の休憩
   :
途中、石巻市内のコンビニへ立ち寄りお昼ご飯を準備します。
コンビニの隣にガソリンスタンドがオープンしたようです。オープン初日という事でバルーン、着ぐるみ等を準備しているスタッフの姿が見られました。
   :
1月13日日曜日 08:15
石巻市の鮫ノ浦漁港へ到着です。
現在、この牡鹿半島で漁業支援をさせて頂いている依頼者の阿部様とお会いしました。
人手不足、燃料の高騰など漁に出られない日ずっと続いているそうです。本当なら忙しい時期、いつまで続くのか・・・そんな言葉が心に響きます。

1月13日日曜日 08:50〜
早速作業に取り掛かります。その様子は以下より。
250113 011250113 012250113 013
250113 015250113 019250113 020
休憩の合間にはホットな飲み物を頂きました。こちら阿部さんの差し入れ。本当に温まります。
250113 024250113 021250113 022
快晴。
風も少なく暖かな午前中。作業効率はバツグンです。あっと言う間にランチタイムとなりました。
250113 032250113 033250113 034
お昼時間。
依頼者である阿部様からタラのあら汁を頂きました。日差しがあり、風が少なくても気温は5度。冷えた身体に染み込みました。(もちろん私もおいしく頂きました。)
250113 037250113 038250113 039
御代わりもたくさん用意して頂き、2杯、3杯食べた方は午後の作業に他の方より2倍3倍気合を入れてもらいました。笑
250113 044250113 047250113 049

1月13日日曜日 13:45
ボランティア活動終了
阿部さんにお礼を告げ鮫ノ浦を出発します。
   :
1月13日日曜日 14:30〜16:00
石巻市内の「天然温泉元湯 元気の湯」で休憩&入浴(各自)
   :
1月13日日曜日 18:45〜19:15
東北自動車道<国見SA>到着
トイレ・夕食休憩
   :
1月13日日曜日 22:45
池袋駅/池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着
   :
1月13日日曜日 24:50
山梨県内各地到着

■後記
参加者の皆様いかがでしたでしょうか。
時には笑い、一生懸命になり、真っ直ぐな眼差しで見つめてきた去年を振り返りながら私は今回のボラバスの添乗員として挑みました。参加者の皆様そして現地で支えてくれる方々(今回の阿部さんのような人たち)に励まされ、涙を堪えなければならない時もありました。
「参加してよかった」そんな言葉が嬉しいです。参加して良かったこと等を切欠にして大勢の参加者たちと触れ合っていって欲しいものです。(もちろん希望や要望の言葉も受け付けております。)

今回も怪我も無く無事予定通り終了する事ができました。ありがとうございます。
そして本年もどうかよろしくお願い致します。
250113 051

(2013年1月13日 石巻市鮫ノ浦漁港)

DSC_0006

12月22日土曜日に宮城県気仙沼市本吉へ海岸清掃と炊出しのボランティアに行ってきました。また、長野県安曇野市から30名近くの中学生とその保護者、引率の先生方にご参加頂いて大谷中学校の学生達との交流会も行われました。総勢60名程のボランティア隊の支援活動の様子は以下より。

■活動日

平成24年12月22日土曜日

■活動人員

総勢59名
安曇野市中学校生徒、保護者+教員 28名
REviveJapan2名
バス2台、運転手4名、添乗員付き

■活動場所

・大谷海岸
・大谷小学校校庭仮設住宅、大谷中学校

より大きな地図で 12月22日活動場所 を表示

■活動内容

‖臙海岸清掃
仮設住宅での炊出し
0惰淕郢埣羈慇犬搬臙中学生による交流会

■活動スケジュール(冬時間)

12月21日金曜日 20:30〜
山梨県内各地を出発
   :
12月21日金曜日 23:30
池袋サンシャインシティプリンスホテル前出発
   :
 (車中泊)
   :
12月22日土曜日 08:30
121222 003121222 005121222 006
宮城県気仙沼本吉の「上郷コミュニティセンター」へ到着。
今回も朝ごはんをご馳走になりました
年末ということで、お雑煮のほかサラダやおかずが盛りだくさんです。
区長様をはじめ地元の皆様のお気遣いには感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。

12月22日土曜日 10:00〜
今回は、3つの活動班に分かれて、それぞれ作業を致しました。

‖臙海岸清掃の様子
121222 015121222 016121222 018121222 019121222 024121222 026121222 029121222 037121222 039121222 044121222 048121222 049
海岸の清掃には毎回お世話になっている地元のK様に今回もご協力をしていただきました。前回気仙沼へ訪れた11月3日も同じ場所での活動でした。途中雨に降られてしまい寒空の下での活動となりましたが、悪天候、逆境の中でこそ湧いてくる「その気」が私達の体を動かします

仮設住宅での活動は大谷公民館をお借りしての炊き出しとなりました。
0惰淕郢埣羈慇犬搬臙中学生による交流会

の様子につきましては、手元に写真が無いため後日写真と共に報告させていただきます。(申し訳ありません)emoji:face_tear>

12月22日土曜日 12:00〜14:00
大谷中学校の生徒さん、仮設住宅の皆様、上郷地区の方々にお集まり頂き炊出し、交流会が始まりました。天候は生憎の雨となりましたが、公民館からテントをお借りすることができました。雨の中みんなでテントの下に集まり、焼きそばやフランクフルト、山梨県名物の「ほうとう」を召し上がって頂きました。

12月22日土曜日 14:30
大谷公民館を出発。
公民館の館長さまはじめ上郷の区長さま、大勢の方々に大変お世話になりました。お礼の言葉を述べ出発となりました。

12月22日土曜日 15:00
気仙沼の「さかなの駅」へ立ち寄り。
海産物や地酒など豊富に取り揃えており、魚やお土産、お酒など各々好きなものを買い帰路に着きました。

12月22日土曜日 19:15
東北自動車道/国見SAへ到着
夕食・トイレ休憩など

12月22日土曜日 23:25
池袋駅/池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着

12月2日日曜日 深夜02:00頃
山梨県内各地到着

■後記

記事の更新が遅くなってしまい大変申し訳ございません。このブログ内でも記載しておりますが、この度当本社営業所が新しくなりました。ご来店下さるお客様に気持ちよくお過ごし頂く環境にするため、引越しから整理まで時間を要してしましました。今回を終え2012年のボランティアバスは全て無事終了となりました。ご参加頂いた皆様には心より感謝しています。長野県から度々参加して下さった先生が多数の生徒、保護者を引き連れてきてくれるとは思いもしませんでした。生徒さん達も大変価値ある経験になったと言って下さいました。私たちは今年、皆様がそうした価値あるものを探すために道を作り続けて来たと信じています。そしてなにより、そこで見つけたものを未来への礎にしていって欲しいと願います。

今年一年が皆様にとって良い年でありますように。

(記:秋山)

タイトル

平成24年7月28日(土)に気仙沼市本吉町にある小泉小学校へ農業支援のボランティアとAGTという団体が主催するイベントのお手伝いへ行ってきました。照り付ける太陽との戦い、そして心温まるイベントの内容は以下より。
■活動日
平成24年7月28日(土)
■参加人数
総勢41名(+甲斐のめぐみスタッフ数名)
■活動場所
宮城県気仙沼市本吉町(小泉小学校)

より大きな地図で 7月28日活動場所 を表示
■作業内容
’清隼抉(草取り)
⊃羹个(やきそば、流しそうめんなど)

■活動スケジュール

7月27日(金)夕方〜
炊出し用品の積込(食材や、釜などの調理器具)
今回も地元参加者の方から様々な物資を提供いただきました。
(食材、調理道具、昆虫などなど)

7月27日(金)21:00〜
山梨県内各地出発

7月27日(金)24:00頃
池袋サンシャインシティプリンスホテル前出発
  :
(車中泊)
  :
7月28日(土)午前2:00頃
東北道矢板PAにてNPO法人甲斐のめぐみスタッフと合流
  :
7月28日(土)午前4:00頃
東北道国見SAにて朝食および休憩60分ほど

7月28日(土)午前8:30頃〜
気仙沼の小泉小学校へ到着。着替えなどを行い早速ボランティア活動班と炊出し作業班へと分かれます。
今回のボランティア活動にあたってはRQ小泉ボランティアセンター様を通じ活動させていただきました。

’清隼抉腑椒薀鵐謄アの様子
作業内容はもともと畑だった土地の整備をしました。〜手入れ〜種まきの順で行われますが、今回は草取りを重点的に行いました。先のRQ小泉ボランティアセンターでは今年の4月から農地再生プロジェクトとして整備→種まき→手入れ→収穫の実施スケジュールを設けているそうです。詳しくは上記リンクより。
DSC_0251

DSC_0256

DSC_0258

DSC_0267

農業支援班は小泉小学校の北側にある土地で活動を致しました。私たちとは別に神奈川県からNPO団体が来ていました。雑草などは既になく耕運機も入った後が見られました。5月半ばごろから作業を始め2ヶ月でやっと種植えができると語っていました。
さて、私たちが入ったこの場所は全くの手付かずでした。それもそうです。周りをみればほとんどがそうでした
草刈機で背の高い草を落とした後細かい草を手で抜いて行きました。
DSC_0272

DSC_0282

DSC_0294

DSC_0304

開始から終了まで作業時間は3時間(午前09:00〜12:00頃)程度でしたが、この日の気温は37度、そして日差しを遮るものが帽子だけ、熱中症を気に掛けながら慎重に作業を続けていきました。少しでも体調が変だなと思った方には早めにバスへ戻ってもらい休息を取ってもらいました。
半径50mくらいでしょうか、生い茂っていた雑草を抜き取り土の地面が見えてきました。
暑い中の作業でしたが、ボランティアリーダーの指示の元、参加者のご協力により作業も順調に進めることができました。

⊃罎出し作業班の様子(イベント)
今回の炊出しは気仙沼の小泉小学校・中学校の校庭で行いました。この場所は100世帯余りの仮設住宅があり、イベントではAGTと共にフリーマーケット、屋台(焼きそば、カキ氷、流しそうめん、など)、コンサートなどが催されました。炊出しの準備を午前中に終え、お昼頃からイベント司会者が現れ徐々に賑やかになってきました。
CIMG2983CIMG2980CIMG2989CIMG2968CIMG2992CIMG2999
「A,T,G(明るく、楽しく、元気よく)」をテーマに景品争奪のバトルが展開され、スイカ割りでは地元中学生が大活躍でした。フリーマーケットでもゴルフバックや自転車、文庫本などがたくさん出品されていました。
地元中学生による演奏会、プロによる紙芝居の朗読、木琴奏者によるコンサートなど仕事を忘れつい没頭してしまいました(汗)最後には集まった人全員による「上を向いて歩こう」の合唱とともに幕が下ろされました。
「楽しかったよ」、「ありがとう」そんな言葉達を耳にしながら私達はまた片道600kmの道を帰ります。1人で行くのはとっても困難ですが、同じ気持ちの人が大勢集まればこんなにも近くに感じてしまうものだと感じてしまいます。

7月28日午後15:30頃〜
炊出しの用具やゴミなどみんなで手分けして片付けて行きました。
そして最後にお別れと再開の挨拶をし小泉小学校・中学校をあとにしました。

7月28日22:30頃
池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着

7月28日25:00頃
山梨県内各地到着
240728_ 014
(7月28日撮影_気仙沼小泉中学校前にて)
皆様ご協力ありがとうございました。またのご参加お待ちしております。

◇次回は8月10(金)出発!!場所は気仙沼
 温泉あり!炊出しやります!詳しくは活動日程へ

更新が遅れていましたが、前回のボラバスは日帰りと宿泊の2つが実施されました。
希望の種を蒔こう!と題したイベント企画です。

■活動日
5月26日(土)
■参加人数
延べ53名
■活動地
宮城県 本吉上郷地区コミュニティセンター
■作業内容
〇抉臺資の配布
畑の草取り、畑のガレキ撤去
炊出し
い劼泙錣蠅亮鐚き
■作業現場
宮城県 本吉上郷地区および大谷地区<MAP>

■活動スケジュール
5月25日20:30〜
山梨県各所出発

5月25日23:30〜
池袋サンシャインシティプリンスホテル前出発

5月26日04:30〜05:00
東北自動車道国見SAにて休憩(30分ほど)

5月26日07:00頃
今回は宮城県南三陸町志津川を経由して気仙沼へ向かいました。26_ 001


5月26日08:00〜
上郷コミュニティセンターへ到着。天候に恵まれ心地よい朝日の中皆様から預かった支援物資をセンターへ搬送いたしました。
26_ 00226_ 003
上郷コミュニティセンターでは、地区のお母さんたちが参加者のために朝食を用意して下さいました。
温かいご飯にお味噌汁それにおかずも盛りだくさん。
ありがとうございます。いただきます!
26_ 01326_ 014
26_ 01526_ 01726_ 016
5月26日09:00〜
作業へと移ります。
まず、
/羹个圭猗をする班
畑のガレキ撤去をする班(コミュニティセンター近く)
Hの草取りをする班(大谷海岸近く)
の3班に別れ作業をしていきました。

/罎出しの準備をしている様子
甲斐のめぐみ理事も気合十分
26_ 020_1
これから焼きソバ、ほうとう(山梨県の名物料理)、フランクフルトなどを作っていきます。

◆↓Hのガレキ撤去、草取りをしている様子26pict033
26pict029
休憩の合間、同じボランティアの参加者のNさまからの差し入れで塩トマトをみんなで頂きました。気温もお昼に近づくにつれ徐々に高くなってきました。26pict027
26pict036
3時間程で活動を終え、あたりに散乱していたガレキや雑草など大分キレイに片付ける事ができました。

5月26日12:30〜
上郷のコミュニティセンターで炊出し準備が整いました。
周辺に暮らす方々だけでなく少し離れた場所にある仮設住宅にも送迎バスを出しお越し頂きました。
地元の方との交流も今回の活動の目的のひとつです。
作業班も加わりみんなでお昼を愉しみます。
26_ 02426_ 02526_ 023_1

26_ 02626_ 03226_ 033
26pict041
26pict048


5月26日13:30頃〜
炊き出しの後はメインイベントであるひまわりの種蒔きです。
26_ 03826_ 04226_ 045
一列に並んで一人一人の手で種を蒔いていきます。
26_ 04726_ 05326_ 057
私たちの地元には「明野ひまわり畑」といわれる観光名所があります。上郷もそんな私たちの地元のように毎年ひまわりを目当てにたくさんの方が訪れるようにと思いを込めながら種を植えていきました。こういった思いもこれまで一緒に活動を共にしている「NPO法人甲斐のめぐみ」ならではだと私は思いました。

5月26日14:00頃〜
計画していた作業、イベントを終え、区長さまよりご挨拶を頂きました。
26_ 06126_ 062
お世話になったセンターの前で記念撮影
26_ 065

5月26日15:00頃〜
気仙沼の「復興マルシェ」という施設でお買物をするために立寄りました。
26pict063
26pict062


ここから先「日帰り班」と「宿泊班」で分かれました。日帰り班は渋滞もなく無事池袋、山梨へと帰って来ました。宿泊班はこのあと仙台市内で宿泊をして、2日目には参加者が男性のみだったので、予定していたハワイアンを変更し、福島県の観光名所のひとつ「あぶくま洞」に立寄り、小名浜で食事と買い物をし帰路に付きました。

この度のボラバスの作業は、VCを通さない現地の方からの直接ニーズであったことが最大の特徴です。
被災された方々には「言い難い、お願いできない、伝える術がない」などで人知れず耐えている方も大勢いらっしゃいます。
当然ながら、その全ての方々の声にお応えできるものではありません。
「できることを、できることから、できるだけ」 続けていきたいと思います。
イベントでは、地域の方々同士がお話をする「場所」を提供し、私達も一緒に交流を深めること、
種蒔きでは、いつの日かたくさんの人達が集い、笑顔で溢れる未来を夢見て行われました。
参加者一人一人の手で、いろんな想いや願いを込めて蒔かれたひまわりは、太陽に向かって元気に花を咲かせてくれることでしょう。
ひまわりが咲く頃には、ぜひボラバスを計画して皆さんで見に行きたいと思います。


また皆様にお会いできることを楽しみにしています。(鋭意勉強中・・・記/秋山)

◆日程:平成24年5月19日
◆活動場所:陸前高田市米崎町
◆参加者:44名(男性32名・女性12名)
◆活動内容:花壇へのアプローチ作り・草取り・細かいガレキの撤去

早朝06:30道の駅かわさきの気温は、9度です。

画像 034
(写真の方はリピーターのTさまです)

今まで着ていたスノーウェアはもう必要なさそうです。
花壇となる場所の瓦礫の除去と草取りに加えアプローチ作りのため細かいガレキと石を集めます。

画像 044

1419_original1421_original1422_original

本日は暖かくボランティア作業が進みます。
一見ガレキはなさそうですが、少し掘ってみると細かいガレキが出てきます。こんなにガレキが出てきました。人手の大切さが、わかりますね。
画像 048

道作りでは、まったく何もないところから小さな石を集め
1424_original

徐々に形が出来上がります
1427_original

昼食の様子
目の前の海を眺めながらみんなで食事
1433_original1432_original1441_original
午後のラストスパート
1445_original1448_original1450_original1451_original1453_original1454_original1455_original1457_original1458_original
午後1時に終了、片づけをしてVCへ戻ります。
限られた時間ではありましたが、立派なアプローチの完成。
画像 030

1464_original1467_original1472_original

今回は東北ボランティアがしたいということで、台湾の方が参加してくださいました。
地元に帰ったら今回のボランティアで感じたことを、写真を通して友達に伝えたいとおっしゃってくださいました。
感激です。・゚・(ノД`;)・゚・

ボランティアセンターに戻る途中の陸前高田市の市街地の様子
1507_original1508_original1509_original1509_original1511_original1514_original1515_original1516_original1520_original
資材返却後の暫しの時間
1524_original

そして集合写真
1526_original


雨にも負けず、良い言葉ですね。
この後、気仙沼市の復興屋台村に立ち寄り帰路に着きました。
今回も参加をしてくださる皆様のおかげで無事帰ってくることができました。ありがとうございました。

p1010189
先日添乗で福島まで行ってきました。
そしてこれが「いわきら・ら・ミュウ」です!。いわき市を代表する観光物産センターである「ら・らミュウ」は何度か聞いたりTVで目にしたことはあっても訪れるのは初めて。
そんな訳で足早に回る。

いやぁ・・・デカイ・・・

表は海産物がメイン、館内はお土産品コーナーや休憩・食事処となっておりました。やや、歩きつかれた(汗)この時期だとアンコウを丸々一匹解体なんかしているみたいだ。ああ、あれがウニの貝焼きかぁうん、食べてみよう。

本当はこんな事してる場合と違う!!

と、観光気分を満喫してました。

いやはや束の間の2日間、無事でなにより。

ちょっと最近忙しくて日記の更新を疎かにしていましたね;(汗汗
しかして!これからは本気よ!という意気込みで参りたいと思います。

さて、先日の事です
最高気温30℃の中、静岡の清水、焼津までいってきました。お客様の旅行に付いて(添乗)いったまでですが。大変良い経験になりましたし、勿論勉強にもなりました。

なんで写真がないんだよぉ〜!そろそろ写真が付いているといいなぁ〜なんてお思いの方、・・次から頑張ります。タイトルから私がどんな姿で奔走していたのかイメージできる・・・かなあ

このページのトップヘ