甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

地元ネタ

IMG_2984 (2)

こんにちは
久しぶりの更新になってしまいました
今回は増富温泉周辺の散策路のご紹介です。

韮崎方面から県道23号線を北上し増冨温泉に入ると三英荘という民宿から先は
本谷釜瀬林道という林道に変わります。
林道は、原則として許可車両以外の大型車両の通行は制限されていますので、
通行できる車両は10人乗り以下の車と弊社のバスとなっています。
本谷釜瀬林道

瑞牆山荘まではおよそ7km、車で20分、徒歩で2時間程度の距離ですが、
林道脇を流れる本谷川は「金峰山・瑞牆山源流」として
平成20年6月に環境省により「平成の名水百選」に認定されました。
木々と大小の岩、小さな段差から連なる滝が印象的な景観の本谷川渓谷は
春の新緑から秋の紅葉まで四季折々に楽しませてくれる素晴らしい散策スポットなんです。
そこで今日はその散策路にある七福神を紹介したいと思います。

増富温泉から歩き始めると次第に木々が身近に迫り川のせせらぎが聞こえてきます。
しばらく進んでいくと「くじら石」という看板が目に入ります。
見ると「なるほど〜」と、つい頷いてしまうほどピッタリのネーミング。
この渓谷沿いには様々な岩や木にこのような名がつけられていて、
飽きることなく散策が楽しめます。
先に進むにつれ頭上を木々が覆い、木洩れ日が心地いいです
IMG_2968 (2)IMG_E2951

さて、最初の七福神は恵比寿様。(恵比寿の木)
唯一日本由来の漁業の神で、商売繁昌や五穀豊穣、大漁のご利益があるといいます。
IMG_E2954IMG_E2958IMG_E2957
更に進むと大黒天様(大黒石)
福の神として信仰され、大きな袋を背負い打出の小槌をもち頭巾をかぶられた姿で知られ
ご利益は五穀豊穣、家産増進、子孫繁栄といわれています。
IMG_2964 (2)IMG_2963 (2)IMG_E2960

そして布袋様(布袋の木)
七福神の中で唯―の実在人物といわれています。
絶え間ない笑顔と太鼓腹、肩に下げた大きな袋が特徴ですね。
この袋は喜捨物を入れる袋だが堪忍袋ともいわれ、
笑門来福、夫婦円満、子宝の神とされます。
どこにいるか分かりますか?
IMG_E3194IMG_E3196IMG_E3197

草木に隠れてまるでかくれんぼしているようですね

次に見えてきたのは弁天様(弁財天の木)
案内板に誤字がありますがそこはスルーで
七福神の中で唯―の女神です。
弁才、芸術学問を授け知恵財宝、愛嬌縁結びの神とされます。
IMG_E2965IMG_E2966

そして福禄寿様(福禄寿の木)
幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、南極老人星の化身。
長い頭に長いあごひげ、そして大きい耳たぶが特徴です。
ご利益は子孫繁栄、富貴繁栄、健康長寿とされています。
IMG_E2969IMG_E2971

お次は寿老人様(寿老の木)
南極星の化身。
白髪に頭巾、自く長い髭をたくわえ、経典をつけた杖を持ち鹿を従えた姿です。
ご利益は長寿延命、諸病平癒、富貴繁栄、子孫繁栄など。
IMG_E2972IMG_E2974IMG_E2976

最後に毘沙門天(毘沙門の木)
四天王の一神で、財宝の象徴である北方の守護神。
右手に宝棒を持ち、左手に宝塔を捧げ、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつける姿で
別名「多聞天」といい七福神の中で唯一、武将の恰好をしています。
財運を授け、大願成就を助け融通招福の神とし、勝負事にもご利益があるとか・・・
IMG_E2977IMG_E2979IMG_E2981


いかがですか?
道すがら、訪れる人を温かく見守っているように佇む七つの神様。
どこにどんな神様がいるか探しながら歩いてみるのもよし、
森林浴と七福神巡りを楽しん後は、ゆったり温泉に浸かってみるのもいいですね
IMG_E3187IMG_E3188IMG_E3192

増冨温泉と瑞牆山荘の間は自由乗降となっていますので、
停留所以外でも手を挙げてくだされば乗降ができるんです。
上りながら歩き疲れたときや、足腰に不安がある方は最初にバスに乗り
落合橋あたりから温泉に戻ってくると下りなので楽です。
弊社のバスを上手にご利用いただき散策をお楽しみください

の富が増す、増富
皆様のお越しをお待ちしております

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで毎日運行
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

運行ルート


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー




IMG_E2439

こんにちはー
GWもあっという間に終盤ですね。
お出かけの方、お仕事の方と様々にお過ごしのことと思いますが
北杜市は天候にも恵まれ多くの観光者で賑わっています。

さて、今回の表題
なんだかよく分かりませんね ??

皆さんにとって「富」とはなんでしょうか?
「財産」「資源」ともいえますが、こう考えてみました。
衣食住に関わる「物」だけでなく精神的な「心」、そして「健康(身体)」
私たちとってどちらもとても大切ですよね。

多少のこじつけがましいところはお許しいただいて、
価値あるもの全てという意味で、
森林浴と東洋一のラジウム温泉、「増冨」という素晴らしい地名に合わせて私が考えた
キャッチフレーズなんです
(実はだいぶ前から使っているのですが広まりません

少々前置きが長くなりましたが、
晴天の昨日5月4日に地元須玉町の奥に位置する癒しの郷、
増富に足を運んでみましたので、その様子をお届けします。

この日訪れたのはみずがき山自然公園。
公園入口付近は桜がまだ咲いていました。
IMG_2477_1IMG_E2479IMG_E2480
ここは増冨でも唯一瑞牆山の全景がバッチリ見渡せる場所なんですが
流石にGW。 激混みです
駐車場は通行路にも駐車・・・
ちょっとマナーがよくないですね
せっかくの公共の場所です。多くの方が気持ちよく利用できますように
ご協力をお願いいたします
IMG_2435_1IMG_2436_1IMG_2437_1
新緑の瑞牆
敷地内のシャクナゲやツツジが青空に映えますね。
IMG_E2447IMG_E2467IMG_E2462
この瑞牆山と増冨周辺は知る人ぞ知るパワースポットなんです。
気を全身に感じ心が満ちていくような、そんな場所です。
IMG_2451_1IMG_2443_1IMG_2452_1
さて、公園を後にして向かったのはみずがき湖
とその前に途中で車を停めて車道から沢に下りてみました。
IMG_2471_1IMG_2473_1IMG_2482

この一帯は瑞牆山、金峰山を境として日本海側と太平洋側へ流れが変わる
いわゆる“分水嶺”と言われる地点なんですよ。
源流から作り出される渓流は素晴らしく、新緑から紅葉の季節は多くの写真家が訪れています。
いたるところに巨岩がみられるのもこの周辺の特徴のひとつです。
IMG_E2498IMG_2489_1IMG_2491_1

いよいよみずがき湖。
この名称は塩川ダムの通称として名づけられていますが
飲用、発電、そして明野、須玉地域に安定した農業用水を確保するための
灌漑など多目的に利用されている貯水湖です。
IMG_E2433

韮崎方面から鹿鳴峡大橋を渡り旧道へ
ビジターセンターの対岸の湖畔沿いに車を走らせると東屋が見えてきます。
IMG_2511_1IMG_2517_1

ベンチが設置された小さな展望公園の駐車場に停め
階段を降りて行くとなにやら看板が。
「ヨシヤーの湯」
ナニコレ? と思われる方も多いかもしれませんが、
ここには霊泉(冷泉)が湧き出ているんです。
詳しくは写真にある説明書きをお読みいただくとして
温度は20℃もないほどで無臭ですが口に含むと炭酸系の塩味がします。
解放感抜群ですのでくれぐれも入浴しないでくださいね
IMG_E2522IMG_2520IMG_2519

先に進むと更に立派な展望台がありますが、ここにはダムの案内(説明)板が設置されています。
IMG_2528IMG_2529IMG_2530

眺めもいいですね。
IMG_E2527IMG_2533_1IMG_E2531

増冨大橋を渡り、これでみずがき湖を一周したことになります。
IMG_E2537IMG_E2535

いかがですか?
フィトンチッドと瑞牆山の精気を感じていただけたでしょうか?
温泉に浸かり、青々とした緑に囲まれ寝そべって空を見上げながらゆっくりと深呼吸。
心も身体も癒されます。

の富が増す、増富を是非体感してみてください

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

運行ルート


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー




04

こんにちはー!
年末恒例となりましたバスへの電飾。
『デコバス』の点灯が始まっています。
1401IMG_4113

少しでも賑わいを、少しでも楽しい気分に、
そんな思いを込めて2年前から毎年12月におこなっています。
080515

中央自動車道、須玉ICから国道141号線を清里方面に向かって左側
道路に沿った本社の傍に停めてある車輛なので、すぐにお分かりになると思います。
お近くにお越しの際は、ご覧になってくださいませ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
点灯期間:12月1日〜12月25日(予定)
点灯時間:午後4時30分〜午前12時
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

IMG_4743

今回は、北杜市須玉町津金地区の高根町(浅川地区)との境となる峠、
海抜1,000mほどのところにひっそりと佇む古刹『津金山海岸寺』のご紹介です。

こちらが山門。
01
ここから更に奥へと道を進むと寺まで続く階段の参道があるのですが、
今回は車でショートカット
境内入口の駐車場に車を止めて、ここから徒歩です。
0203IMG_4756

順路に従って歩いていきます。
杉の巨木が生い茂る山の中に阿吽閣と書かれた仁王門が現れました。
2206
阿形(左)と吽形(右)の仁王像が立っています。
0405
仁王門をくぐるとその先には鐘楼堂。
IMG_4736IMG_4737

中には海岸寺の由来が書かれています。
IMG_4738
(以下、転載)
「今より約1,260年前(元正天皇の養老元年=西暦717年)行基菩薩が庵を構えられたのが海岸寺のはじまりといわれる。行基菩薩は、土木工事や農業の技術を伝えるとともに、千手観音菩薩の像を彫り海岸寺に祀った。
天平9年(737年)には、聖武天皇より「光明殿」の勅額を賜った。
また、寛治年間(1087〜1094年)新羅三郎義光が甲斐の国主としてこの国を支配するに当たり、京より玄観律師を海岸寺に迎えて聞法の師として仰ぎ、深く帰依して鎮守国家の大道場とした。義光の子義清も父の志をついで多くの寺領を奉納し供華を怠らなかった。
600年ほど前の応安年間(1,368〜1,375年)大義詮和尚の時に鎌倉・建長寺より石室善玖和尚(勅賜直指見性禅師=本朝高僧伝巻三十二詳記)を招いて、律宗を臨済宗に改め、海岸寺の開祖とした。
天承10年(1582年)織田が甲斐に侵攻の際寺の堂塔ことごとく焼き払われたが、同11年には、徳川家康が寺領を寄進し再興を命じた。慶長8年(1603年)には、さらに寺領を寄進し法令四条を下して天下安寧の祈願所と定められた。万治4年(1661年)山火事により堂宇全焼。
寛文6年(1666年)中興の祖、即應宗智和尚が海岸寺山主として堂宇を再建し現在に至っている。」
101112
ここの見どころは、境内にある『百番観世音石仏』、通称『百体観音』と呼ばれています。
070809
西国三十三所坂東三十三箇所秩父三十四箇所を併せて日本百観音と言われ、
日本を代表する100の観音巡礼とされています。
近畿、関東、秩父の各霊場を実際に回るとなると、相当な距離と時間がかかりますが、
この境内だけで踏破した気分になります。
これら石仏の作者は長野県高遠の出身で江戸時代後期の名工であった守屋貞治。
貞治の生涯の全作品のうちの約3分の1にあたり彼が50歳をすぎた頃に8年を費やして彫ったと伝えられています。
14IMG_4682IMG_4685

いかがでしょう? 座像、立像、様々な観音像がありますが、
各観音霊場のごとに配置された百体もの石仏は見事です。
IMG_4659
千手観音、馬頭観世音、如意輪観世音
IMG_4686IMG_4678IMG_4667
十一面観世音、聖観音
IMG_4668IMG_4724
奥へと進んでいくと、更に階段が・・・階段を上る脇にも石仏があります。
13IMG_4691
見えてきました。
もうひとつの見どころである観音堂(大悲閣)です。
2015IMG_4704
慶長8年(1603)建立、入母屋作りで妻入り茅葺の建物です。現在の建物は江戸時代の1810年に再建築されました。
長野県諏訪出身の名工立川和四郎富昌らによって1845年着工、約20年の歳月を費やして竣工をみた立川流を代表する建物です。
その特色は細部が優れた彫刻によって満たされ、且つ全体的に均衡のとれたデザインにあります。日本の木彫史をかざる江戸時代の代表的な彫物の一つとしても貴重なものであります。
060403
そして、身舎正面の中間を飾る『粟(あわ)とウズラ』の彫刻は、富昌の芸術的才能をあますところなく発揮した名作です。(写真中央、赤枠)
この観音堂は、百番観世音石仏と共に町の重要文化財に指定されています。
010205

境内の一角にあるのが総檜作りの『一滴水 和平山房』
ここには瞑想舞台があります。
2117IMG_4711
周囲の静寂とともに心も落ち着く場所です。
IMG_4713IMG_4714IMG_4721

[補足]
行基菩薩が彫ったといわれる2体の『千手千眼観世音』(木造千手観音立像)があるのですが、うち1体はこの海岸寺に、もう1体は長野県の海岸寺に奉られました。
重要文化財(国指定)となっているこの木造千手観音立像は、残念ながら昭和6年に盗難に遭い、現在はその姿を見ることができません。
以下の写真は、長野県の海岸寺のものです。※松本市文化財サイトより
img_050_01

ここだけの話し、訪れるならアジサイの咲くこの季節と紅葉が楽しめる秋がお勧めです。
今回の撮影日は、6月14日でしたが、アジサイはまだ青々していました。
今週末くらいが良さそうです。
IMG_472619IMG_4733

夏でも涼しさを感じる山の中。四季折々の風情が楽しめます。
観光バスなど大勢で見学する場所ではありませんが、
おひとりで、お友達やご家族で、是非訪れてみてはいかがでしょう。
いにしえを偲び、穏やかなひとときをご堪能ください。

[地図]

IMG_2715
『北杜市に新たな観光スポットが仲間入り』

こんにちは
本日も朝から快晴でした。
連休も後半に差し掛かり、全国の観光地も賑わいをみせたことでしょう。

さて、今日は4月23日にオープンしたばかりの新しい北杜の顔
八ヶ岳フルーツ農園のご紹介です。
FullSizeRender
実は、市内には幾つかの観光農園がありますが、苺だけはなかったのです。
そんな中、この度オープンしたことを聞きつけ、早速伺ってみました!
IMG_2713IMG_2707IMG_2712
6棟ほどあるハウスには、イチゴがびっしり
どうです? 大粒で美味しそうでしょう
IMG_2714IMG_2711IMG_2708
嬉しいことに、なんとオールシーズンいちご狩りが楽しめちゃうんです
今後は更にハウスを増やして、様々なフルーツ狩りができるようになるそうです。
楽しみですね〜
20170502153147821_0001-001-724x1024
北杜にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

住所:山梨県北杜市須玉町小倉4136
営業時間:9:00~17:00 (収穫体験の方は9:00~15:00 入園まで)
アクセス:*最寄のバス停はありません
 お車で、中央自動車道、須玉ICから、およそ10分
            長坂ICから、およそ20分
地図
Googleマップ


IMG_6734

今回は、地元ではご存知の方も多い名所のご紹介です。
その名も『遠照寺』
こちらは日蓮宗のお寺です。
IMG_6757IMG_6754IMG_6752
IMG_6749IMG_6723IMG_6724
入口となる表参道の両側には、 県天然記念物に指定(昭和45年10月26日)された
「鶴亀の松」または「夫婦松」と呼ばれる二本のアカマツがあります。
東側のアカマツは根廻り4.85m、目通り幹囲3.2m、地上3.5mで三岐に分かれています。
IMG_6722IMG_6725
西側のアカマツは横にその見事な枝ぶりを這わせ、根廻り3.3m、地上2.5mで三岐に分かれ、
翼長は北へ7.9m、西へ4.5mにもなります。
IMG_6727IMG_6726

立派な山門ですね。
IMG_6748

山門をくぐって境内に足を踏み入れると、目の前に広がる落葉したイチョウ
トップ画像もそうですが、一面が葉で埋め尽くされ、まるで絨毯のようです。
IMG_6729IMG_6731IMG_6738
池の水面に浮かぶ葉も趣があります。
IMG_6740IMG_6741IMG_6743
実はこの銀杏の木、「オハツキイチョウ」といって北杜市の文化財に指定されているのです。
(平成3年7月29日)
北海道から九州まで、全国的に見ることができるイチョウですが、
一方では生きている化石ともいわれ、地球上にたった一族一種の貴重な植物でもあるらしいです。
オハツキイチョウはイチョウの変種で、葉の上に実を結ぶ、または葉上に葯を付けるイチョウのことで、
全国に約20本ほどの存在が知られているとのことです。
IMG_6739

次回は葉が落ちる前に訪れてみたいと思います。

ご覧の皆さんも是非一度足をお運びくだいさい。(^^


場所:北杜市須玉町穴平2629
地図:


公式インスタグラムでも、一押しの写真を随時アップしています。
よろしければ、そちらもご覧くださいませ
 kyohoku_official(リンク

IMG_6535

今は? ? それとも 

昨日降った雪は、ほとんど無くなりましたが
周辺の山々は雪化粧です。
明野町では、夏のサンフラワーフェスを飾ったひまわりが
なんと、この時期に咲いています。
雪の帽子は少し重そうで頭を垂れています。
IMG_6453
紅葉もまだ残る里では、季節外れの雪とひまわり
旬を少し間違えたこのコンビ、
なんとも不思議な光景です。
IMG_6454IMG_6458IMG_6464IMG_6522IMG_6531IMG_6534


(里の紅葉と南アルプス)
IMG_6477IMG_6451IMG_6512
時間差のパチリ
IMG_6540IMG_6541IMG_6544

(富士山)
IMG_6504IMG_6505
少しアレンジ
IMG_6501IMG_6506IMG_6507

(茅ヶ岳)
IMG_6497
(八ヶ岳)
IMG_6475IMG_6474IMG_6494


紅葉にひまわりと
二度と見ることができない夢の共演ですが、いかがでしたか?
冬の到来にも北杜は熱いです!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG_6210

眠っているお宝を探してぶらぶら・・・

今回は、平成28年10月21日(金曜日)に供用開始された
北杜市須玉町若神子地内から高根町下黒沢を結ぶ
北杜八ヶ岳公園線「乙坂バイパス」の紹介です。

ご覧の橋は、「乙坂第二2橋」です。
IMG_6207IMG_6206
(11月17日撮影)

新たなバイパスには、ふたつの橋がありますが、
ご覧のように絵になる場所です。
待避所や休憩所のような駐車スペースがないのが残念です。

緩やかなカーブを描いた橋のため、
路駐は他の往来の妨げや危険もありますので
撮影の時は、手前の広い場所に停めて歩きました。

近くには、若神子城址を公園として整備した「ふるさと公園」があります。
復元されたのろし台や東屋があり、茅ヶ岳や富士山も望め、
春には桜とツツジが咲くこの公園を活かし、
この橋も眺められたり、散策路ができるといいかもしれませんね。

もしかしたら、北杜市の新たな名所に??

■参考(山梨県HPより)
20161021kyouyoukaishi20161021tyoukansyashin

 位置図
ichizu_page0001


灯台もと暗し
地元民でも気づかないところ
ビューポイントなど、案外市外の人のほうが気づいたり、知っていたり
思ったりしているような気がします。
ここっていいんじゃない?というお宝がありましたら
ぜひ情報をお寄せください
みんなで宝探しをしましょう!

11月3日文化の日の今日は、朝から快晴です。

発掘とはいっても、
 ・今ではあまり知られていない
 ・観光資源として認知度が低い
 ・観光情報が少ない
 ・もしかしたら観光資源?
 ・是非観光名所に! 
などの視点から、独断と偏見を交え
市内のおすすめ情報をピックアップしてご紹介したいと思います。(^^

今回は、須玉町比志地区にある「石割の松」。
鳥井坂トンネルの開通とともに使われなくなった旧道沿いにあり、
以前は案内板もあったのですが現在は見当たりません。
そのせいで、今ではその存在すら知る人も少ないようです。

増富から韮崎方面に向うトンネルの手前
IMG_5863
この位置から道路右側を見ると・・・
お分かりになりますでしょうか?
IMG_5859_1
少しズームしてみました
IMG_5862_1
もうお分かりですよね?
IMG_5860_1
この松、というか巨岩全体が「石割の松」と呼ばれているものです。
IMG_5860_2

巨岩を裂くように、松が生えているのですが、
不思議ですね〜
どのようになっているのでしょうか??

ご覧になれるポイントは、トンネル手前ですが、トンネルの出口であり、
わずかでも直線道路なので事故に繋がりそうな危険な場所です。
お車でお越しになる時は、トンネルから遠く離れた場所に駐車して、
車両の往来に気をつけながらガードレール沿いを歩いてください。
(特に駐車場があるわけではないので、バスなど公共交通機関をおすすめします)
12016111

安全やゆっくりご覧いただくためには、近くまで徒歩で行く方がよいかもしれません。
ただし、ゴミの投棄など住民の迷惑にならないようお願いします。
toho

北杜には、このような隠れた?名所がたくさんあります。
今後も市内のマニア(ニッチ)な情報をご紹介していきますのでご期待ください(^^





毎年弊社では事故防止や接客、検診や適性診断など
日々の業務にかかせない様々な訓練や講習会、健康管理を行っています。
この冬にかけては毎年行いっている訓練のひとつ
救命講習を3日間に分けて受講しましたので
その様子をご紹介いたします。
私は2月11日の3班でしたが、当社以外にもたくさんの方が参加されていました。

まず、消防士の方から山梨県の事故率や救急車の呼び方などの説明と
胸骨圧迫や人工呼吸の方法を聞きました。
IMG_0064IMG_0067IMG_0069

その後実際の現場を想定した訓練を行いました。

「倒れている人発見!」「周囲の確認良し!」と、近寄る前に
周囲の確認をすることが二次災害を招かない為に必要だそうです。
周囲の確認後、近寄り意識があるか呼吸をしているか確認します。
ここで1人だと大変なので人を呼びます。
「誰か、誰か来てください!」来て頂いた人に
「あなたは119をお願いします。」「あなたはAEDをお願いします」と呼びかけます。
IMG_0073IMG_0076IMG_0083

ここで胸骨圧迫・人工呼吸を始めます。
思った以上に力をいれないといけない上に肺に空気を入れるのも
難しく大変だと思いました。私は女性の方たちのグループに入れて頂きました。
IMG_0080IMG_0087IMG_0094IMG_0093IMG_0095IMG_0096

次はAEDの使い方です。
ここで注意するのがAEDを持ってきてもらった時に胸骨圧迫はやめてはいけないという事です。
電極パッドを貼り終えて機械が「体に触れないでください」などとアナウンスが流れるので
それまではずっと胸骨圧迫は続けます。
IMG_0102IMG_0106IMG_0107IMG_0108IMG_0109IMG_0110IMG_0111IMG_0112IMG_0118

講習で使っているAEDは本物ではないので電極パッドの粘着力も弱く
機械から電流は流れません。なので、実際はとても強力で難しいみたいです。
本物のAEDみてみたいな〜なんて思っていたら、消防士さんが本体ではないですが
有効期限の切れてしまった本物の電極パッドを持ってきて見せて頂けました。
IMG_0115

本当に粘着力が強くシール同士張り付いてしまうと絶対に取れないみたいで
一つのAEDに2〜3枚予備も入っているそうです!
IMG_0121
いつの間にか私たちのグループは質問タイムが始まりました。
熱心に教えて頂けるのでとても勉強になりました。
IMG_0122

最後は座学で喉に詰まらせてしまった場合の対処法や
流血時の止血の方法を教えて頂きました。
おもちで喉を詰まらせてしまうケースが多いと思っていましたが
おもちは皆さんが詰まらせやすい物と把握していて無意識にも
気を付けている分、そんなに実際のケースは多くないんだそうです。
実際に多いのが意外にもお寿司みたいです。これには驚きました。

IMG_0124IMG_0125
急なアクシデント(演出)もあり、リアリティー溢れる講習を受けることが出来ました。

実際人が目の前で倒れていたら冷静に判断して動くことも出来なかったと思いますので、
今回講習を受けれた事がとても勉強になったと思います。
知識があるのとないのでは動きが全く変わってくると思いますので
忘れない様にしていきたいと思います。
消防士の方々、救急救命士の方々、一緒に講習を受けた方々
ありがとうございました。

このページのトップヘ