甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

観光情報

IMG_2984 (2)

こんにちは
久しぶりの更新になってしまいました
今回は増富温泉周辺の散策路のご紹介です。

韮崎方面から県道23号線を北上し増冨温泉に入ると三英荘という民宿から先は
本谷釜瀬林道という林道に変わります。
林道は、原則として許可車両以外の大型車両の通行は制限されていますので、
通行できる車両は10人乗り以下の車と弊社のバスとなっています。
本谷釜瀬林道

瑞牆山荘まではおよそ7km、車で20分、徒歩で2時間程度の距離ですが、
林道脇を流れる本谷川は「金峰山・瑞牆山源流」として
平成20年6月に環境省により「平成の名水百選」に認定されました。
木々と大小の岩、小さな段差から連なる滝が印象的な景観の本谷川渓谷は
春の新緑から秋の紅葉まで四季折々に楽しませてくれる素晴らしい散策スポットなんです。
そこで今日はその散策路にある七福神を紹介したいと思います。

増富温泉から歩き始めると次第に木々が身近に迫り川のせせらぎが聞こえてきます。
しばらく進んでいくと「くじら石」という看板が目に入ります。
見ると「なるほど〜」と、つい頷いてしまうほどピッタリのネーミング。
この渓谷沿いには様々な岩や木にこのような名がつけられていて、
飽きることなく散策が楽しめます。
先に進むにつれ頭上を木々が覆い、木洩れ日が心地いいです
IMG_2968 (2)IMG_E2951

さて、最初の七福神は恵比寿様。(恵比寿の木)
唯一日本由来の漁業の神で、商売繁昌や五穀豊穣、大漁のご利益があるといいます。
IMG_E2954IMG_E2958IMG_E2957
更に進むと大黒天様(大黒石)
福の神として信仰され、大きな袋を背負い打出の小槌をもち頭巾をかぶられた姿で知られ
ご利益は五穀豊穣、家産増進、子孫繁栄といわれています。
IMG_2964 (2)IMG_2963 (2)IMG_E2960

そして布袋様(布袋の木)
七福神の中で唯―の実在人物といわれています。
絶え間ない笑顔と太鼓腹、肩に下げた大きな袋が特徴ですね。
この袋は喜捨物を入れる袋だが堪忍袋ともいわれ、
笑門来福、夫婦円満、子宝の神とされます。
どこにいるか分かりますか?
IMG_E3194IMG_E3196IMG_E3197

草木に隠れてまるでかくれんぼしているようですね

次に見えてきたのは弁天様(弁財天の木)
案内板に誤字がありますがそこはスルーで
七福神の中で唯―の女神です。
弁才、芸術学問を授け知恵財宝、愛嬌縁結びの神とされます。
IMG_E2965IMG_E2966

そして福禄寿様(福禄寿の木)
幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、南極老人星の化身。
長い頭に長いあごひげ、そして大きい耳たぶが特徴です。
ご利益は子孫繁栄、富貴繁栄、健康長寿とされています。
IMG_E2969IMG_E2971

お次は寿老人様(寿老の木)
南極星の化身。
白髪に頭巾、自く長い髭をたくわえ、経典をつけた杖を持ち鹿を従えた姿です。
ご利益は長寿延命、諸病平癒、富貴繁栄、子孫繁栄など。
IMG_E2972IMG_E2974IMG_E2976

最後に毘沙門天(毘沙門の木)
四天王の一神で、財宝の象徴である北方の守護神。
右手に宝棒を持ち、左手に宝塔を捧げ、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつける姿で
別名「多聞天」といい七福神の中で唯一、武将の恰好をしています。
財運を授け、大願成就を助け融通招福の神とし、勝負事にもご利益があるとか・・・
IMG_E2977IMG_E2979IMG_E2981


いかがですか?
道すがら、訪れる人を温かく見守っているように佇む七つの神様。
どこにどんな神様がいるか探しながら歩いてみるのもよし、
森林浴と七福神巡りを楽しん後は、ゆったり温泉に浸かってみるのもいいですね
IMG_E3187IMG_E3188IMG_E3192

増冨温泉と瑞牆山荘の間は自由乗降となっていますので、
停留所以外でも手を挙げてくだされば乗降ができるんです。
上りながら歩き疲れたときや、足腰に不安がある方は最初にバスに乗り
落合橋あたりから温泉に戻ってくると下りなので楽です。
弊社のバスを上手にご利用いただき散策をお楽しみください

の富が増す、増富
皆様のお越しをお待ちしております

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで毎日運行
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

運行ルート


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー




IMG_E2439

こんにちはー
GWもあっという間に終盤ですね。
お出かけの方、お仕事の方と様々にお過ごしのことと思いますが
北杜市は天候にも恵まれ多くの観光者で賑わっています。

さて、今回の表題
なんだかよく分かりませんね ??

皆さんにとって「富」とはなんでしょうか?
「財産」「資源」ともいえますが、こう考えてみました。
衣食住に関わる「物」だけでなく精神的な「心」、そして「健康(身体)」
私たちとってどちらもとても大切ですよね。

多少のこじつけがましいところはお許しいただいて、
価値あるもの全てという意味で、
森林浴と東洋一のラジウム温泉、「増冨」という素晴らしい地名に合わせて私が考えた
キャッチフレーズなんです
(実はだいぶ前から使っているのですが広まりません

少々前置きが長くなりましたが、
晴天の昨日5月4日に地元須玉町の奥に位置する癒しの郷、
増富に足を運んでみましたので、その様子をお届けします。

この日訪れたのはみずがき山自然公園。
公園入口付近は桜がまだ咲いていました。
IMG_2477_1IMG_E2479IMG_E2480
ここは増冨でも唯一瑞牆山の全景がバッチリ見渡せる場所なんですが
流石にGW。 激混みです
駐車場は通行路にも駐車・・・
ちょっとマナーがよくないですね
せっかくの公共の場所です。多くの方が気持ちよく利用できますように
ご協力をお願いいたします
IMG_2435_1IMG_2436_1IMG_2437_1
新緑の瑞牆
敷地内のシャクナゲやツツジが青空に映えますね。
IMG_E2447IMG_E2467IMG_E2462
この瑞牆山と増冨周辺は知る人ぞ知るパワースポットなんです。
気を全身に感じ心が満ちていくような、そんな場所です。
IMG_2451_1IMG_2443_1IMG_2452_1
さて、公園を後にして向かったのはみずがき湖
とその前に途中で車を停めて車道から沢に下りてみました。
IMG_2471_1IMG_2473_1IMG_2482

この一帯は瑞牆山、金峰山を境として日本海側と太平洋側へ流れが変わる
いわゆる“分水嶺”と言われる地点なんですよ。
源流から作り出される渓流は素晴らしく、新緑から紅葉の季節は多くの写真家が訪れています。
いたるところに巨岩がみられるのもこの周辺の特徴のひとつです。
IMG_E2498IMG_2489_1IMG_2491_1

いよいよみずがき湖。
この名称は塩川ダムの通称として名づけられていますが
飲用、発電、そして明野、須玉地域に安定した農業用水を確保するための
灌漑など多目的に利用されている貯水湖です。
IMG_E2433

韮崎方面から鹿鳴峡大橋を渡り旧道へ
ビジターセンターの対岸の湖畔沿いに車を走らせると東屋が見えてきます。
IMG_2511_1IMG_2517_1

ベンチが設置された小さな展望公園の駐車場に停め
階段を降りて行くとなにやら看板が。
「ヨシヤーの湯」
ナニコレ? と思われる方も多いかもしれませんが、
ここには霊泉(冷泉)が湧き出ているんです。
詳しくは写真にある説明書きをお読みいただくとして
温度は20℃もないほどで無臭ですが口に含むと炭酸系の塩味がします。
解放感抜群ですのでくれぐれも入浴しないでくださいね
IMG_E2522IMG_2520IMG_2519

先に進むと更に立派な展望台がありますが、ここにはダムの案内(説明)板が設置されています。
IMG_2528IMG_2529IMG_2530

眺めもいいですね。
IMG_E2527IMG_2533_1IMG_E2531

増冨大橋を渡り、これでみずがき湖を一周したことになります。
IMG_E2537IMG_E2535

いかがですか?
フィトンチッドと瑞牆山の精気を感じていただけたでしょうか?
温泉に浸かり、青々とした緑に囲まれ寝そべって空を見上げながらゆっくりと深呼吸。
心も身体も癒されます。

の富が増す、増富を是非体感してみてください

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

運行ルート


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー




GW期間中の運行について
連休期間感中は、以下の通り定時便に合わせて2台目の続行便を運行する予定ですが、
必ずしもご乗車いただける保証をするものではありませんので予めご了承ください。

運行予定日と増発時刻
■JR韮崎駅発瑞牆山荘行き
4月28日(土) 8時50分 
5月 3日(木) 8時50分 11時00分
5月 4日(金) 8時50分 11時00分
5月 5日(土) 8時50分

■瑞牆山荘発JR韮崎駅行き
4月29日(日) 12時55分 14時20分 15時20分
5月 4日(金) 12時55分 14時20分 15時20分
5月 5日(土) 12時55分 14時20分 15時20分


定時便が満車にならない場合は、続行便は発車いたしません。
(定時便にご乗車いただきます)
また、上記のほか、28日を含めて混雑状況により増発及び臨時便を運行する場合があります。

乗車券について
車内で販売する乗車券類「片道乗車券」「一日乗車券」をご利用の場合であっても
座席や乗車の保証、約束するものではありません。
満車の場合や発車(通過)時刻にお客様が停留所に居ない場合、
出発時に乗車の意思表示がないときはご利用しないものと判断しバスは発車いたします。

「片道乗車券」「一日乗車券」は割引券(割引額は券面に記載)として
弊社系列タクシーにて使用いただけます。
帰路にお急ぎの方、確実に次の予定に間に合わせたいときは、
タクシーのご利用をおすすめいたします。
小グループには料金お得な9人乗りジャンボタクシーもございます。
韮崎駅から、瑞牆山荘から、増冨温泉から、ハイジの村から、ご利用ください。
 タクシーのご予約・お問い合わせ 0120-37-2328

お車、バス車両でお越しの方へ
駐車場のキャパがないため、GW中は駐車場の混雑が予想されます。
また、道路が狭いため路上駐車をされますと一般車両やバスの往来に支障をきたします。
なるべく乗り合わせか弊社バスをご利用ください。
なお、増富温泉から先、黒森までの林道は、大型車(11人乗り以上)は通行が規制されております。
稀にご存知ない貸切バス、レンタカーバスが進入しますが、許可のないバス車両は通行禁止となっておりますのご注意ください。
増富温泉峡内にも駐車場があり弊社停留所がございますので、そちらをご利用ください。

一人でも多くのお客様にご利用いただくために
GW中は、交通渋滞などにより運行に遅延が発生することが予想されます。
ご利用頂く際は、時間にゆとりをもってご乗車ください。
また、運行路の都合上、車両サイズが小さいタイプのバスとなっているため、
突然大人数のお客様がお越しになりますと、ご乗車いただけないことがあります。
そこで、グループ、団体様でご利用の場合は、予定するお日にち、人数、時間などを
事前にお知らせいただけると続行便等の参考として大変助かります。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

運行ルート


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー

IMG_E1430

こんにちはー
本日は昨日撮影した写真を交えてほくと便りをお届けします。
市内の山々は少しづつ芽吹きが始まっています。
新緑は生命の息吹を感じさせ、なんだか幸せな気分になりますね
今年は桜前線も駆け足で去っていきましたが、
いまから夏に向けては様々な花が楽しませてくれます。

さて、雨の上がった日曜日の午後、明野町にある「ハイジの村」にお邪魔してきました。
トップ画は、こちらのシンボルでもある展望台です。
園内に入ると丁度ロードトレイン「ハイジ号」が戻ってきました。
IMG_E1399

この季節はなんといってもチューリップ
赤や白、黄色など色とりどりに園内狭しと咲いています。
IMG_E1397IMG_E1400IMG_E1417

ご覧のように見頃を迎えています。
IMG_E1416IMG_E1415IMG_E1405

IMG_E1428IMG_E1427IMG_E1407

綺麗ですね
この日は雲が多かったのでよく見えませんでしたが
普段は南アルプスや富士山がよく見えて
絶好のロケーションなんですよ
IMG_E1410IMG_E1423IMG_E1404

ちょっと一休み・・・
IMG_E1433

やっぱりここにきたら「信玄ソフト」
甘さも控えめでお勧めです

いかがでしたか?
チューリップは今週末まで十分楽しめそうです。
アクセスは、JR中央線から韮崎駅下車
2番線バス乗り場から弊社の「茅ヶ岳みずがき田園バス」でおよそ20分。
ご家族やお友達を誘って、ぜひお越しください
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月第一土曜(7日)から11月23日まで
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月第一土曜(7日)から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
田園バス運行案内kyohoku2

IMG_1220_1

こんにちは
今日も北杜市はいい天気になりましたがちょっぴり冷たい風が吹き
肌寒さを感じます。
トップ画は明野ひまわり公園駐車場から今朝撮影した南アルプスです。
この後八ヶ岳は徐々に雲に覆われて殆ど見えなくなってしまい撮影できませんでしたが、
標高の高い山は荒れていそうです。
冷たい風はそのせいですね。

連載している桜の情報ですが、今回は須玉町下津金にある
市内名所のひとつ「三代校舎ふれあいの里」の桜の状況です。
さて、どこまで咲いているか楽しみです
IMG_E1229IMG_E1221

三代校舎というのは、明治校舎の「津金学校」、「大正校舎」
「昭和校舎」の3つを指します。
(以下、北杜市観光協会HPより一部引用)
この場所に建てられていた津金学校は近代西洋風木造建築を用いて明治8年に設立され、
昭和60年に閉校になりました。
平成9年3月まで明治・大正・昭和の三世代3つの校舎が同一敷地内に建てられていましたが、
大正校舎 は平成10年5月に新しく農業体験施設『大正館』として新築復元されました。
外観は昔の校舎のままになっています。
一方、 昭和校舎は、津金中学校として昭和28年に建てられました。
平成11年3月に建てかえのため取り壊しとなり、平成12年5月に『おいしい学校』として
オープンしました。
「大正館」は、そば打ちやほうとう、農業など各種体験ができ、
「おいしい学校」は、イタリアンレストラン・ハーブ湯、宿泊施設などを備えてます。
IMG_E1222IMG_1223_1IMG_E1225

ご覧のようにすっかり満開
やはり今年は早いですね。
青空に薄いピンクのソメイヨシノが映えます。
IMG_E1227IMG_E1228IMG_E1230

IMG_E1237IMG_E1239IMG_E1240

いかがですか?
これからの天候次第ですが見頃はあと数日のようです。
お時間ある方は是非お越しください。

【アクセスマップ】

IMG_E0939_1

こんにちは!
今朝は、雲が広がり少し風があるため肌寒さを感じましたが、
本日は長坂町中丸にある「清春芸術村」に足を運んでみましたので
朝撮りの写真を交えてお伝えします。

市内でも桜の名所として知られているこの芸術村は、
清春白樺美術館、ルオー礼拝堂、梅原龍三郎アトリエ、図書館、茶室、光の美術館、
陶芸工房のほか敷地内には芸術作品やミュージアムショップやレストランがあり
文化複合施設となっています。
IMG_E0931IMG_E0937IMG_E0935

こちらも既に満開、見頃を迎えています。
例年より1週間は早いです。
IMG_E0935IMG_E0932IMG_E0934

早朝のため敷地内に入れず外周からの撮影。
実はこの場所には以前、清春小学校がありましたがその後廃校となり
児童らによって植樹されたソメイヨシノはそのままに
その跡地を利用して芸術村が作られたのです。
IMG_E0930IMG_E0941IMG_E0938
この芸術村のシンボルともいえる「ラ・リューシュ」は、
パリにあるアトリエを再現した建物ですが、オシャレで素晴らしいですね。
IMG_E0933IMG_E0942IMG_E0929

いかがでしょうか?
八ヶ岳や南アルプスを望むこの場所は、絶好のインスタ映えポイント。
この時期には多くのカメラマンや写生を楽しむ人で賑わいます。
是非、一度訪れてみてください。

【地図】

IMG_E0834

こんにちは〜
今日も暖かい日になりました。

先日から市内に咲く桜の開花情報をお届けしていますが、
今年は気温が高い日が続いているため桜の北上も駆け足です。
せっかくの天気なので今日もぶらりと足を運んでみました。

まずは、「眞原(さねはら)の桜並木
実は実相寺の神代桜もと行ってみたのですが、
平日にも関わらず激混み
諦めて近くにある眞原に行くことにしました。
IMG_E0815

こちらも人出がありますが、
皆さんカメラ片手に自分の気に入ったアングルで桜を撮影していました。
私もなるべく人が被らない瞬間と場所を狙ってパチリ。
IMG_E0817IMG_E0821IMG_E0818

少し霞掛かった空でしたがスマホのカメラはこれが限界。
IMG_E0825IMG_E0828IMG_E0832

IMG_E0836IMG_E0838IMG_E0833

そして、ここから車で10分ほど移動したところに「萬休院」があります。
IMG_0902_1IMG_E0845
こちらには以前、国指定文化財(天然記念物)の「舞鶴のマツ」(左)と呼ばれる
立派な赤松がありましたが、松枯れ病にかかったため伐採され今では見ることができません。
お堂の近くには伐採された「舞鶴のマツ」の一部が展示してあります。(右)
maizurunomatuIMG_E0865

この雄姿が観ることができないのは残念ですが、こちらの桜も十分見応えあります。
IMG_E0848IMG_E0853IMG_E0882

境内には八重桜や椿、コブシも咲いていました。
IMG_0855_1IMG_E0854IMG_E0887

IMG_E0859IMG_E0867IMG_E0870

帰りに大武川から甲斐駒ヶ岳を望むビューポイントで
IMG_E0899


いかがですか?
眞原桜並木も萬休院の桜も満開です。
ご家族と、友人と、もちろんお一人でも
是非、お花見にお越しください。


IMG_E0680

こんにちはー!
本日から市内に咲く桜の開花情報をお届けします。

まずは『神代桜』
どこまで開花しているか楽しみに
人の少ない時間を狙って今朝5時半頃に足を運んできましたが、
既に幾人か訪れていました。

全国に桜の名所は数あれど、
北杜市武川町山高にある実相寺に咲く『神代桜』は、
三春滝桜(福島県三春町)、淡墨桜(岐阜県本巣市)と並び、
日本三大桜のひとつに数えられ、国指定の天然記念物であり
日本最古の桜として知られています。
昨年は4月4日に開花宣言が出されましたが今年は先日3月27日と
1週間ほど早く開花宣言がされました。
IMG_E0666IMG_E0667IMG_E0672

昨日の夏日のような暖かさで一気に開花が進みなんと本日満開宣言がでました
ご覧のように水仙も満開です。
IMG_E0681IMG_E0675IMG_E0670

周辺には椿も綺麗に咲いています。
IMG_E0683IMG_E0688IMG_E0692

こちらは実相寺からの八ヶ岳と帰りに撮影した南アルプスです。
IMG_E0679IMG_E0707

いかかでしょうか?
この週末は天気も良さそうです。
ぜひ、お花見にお出かけください

【アクセス】
交通機関では、JR中央線「日野春駅」が最寄り駅となります。
待機タクシーは台数が少なく大変混み合いますので、
事前のご予約をおすすめします。
お名前と人数、到着時間をお伝えください。
 0120-37-2328 三共タクシー
5〜9名様なら、ジャンボタクシーがお得です。

IMG_E2307

こんにちはー
ここのところ気温もぐっと下がり、市内の街路樹も色づきが濃くなりました。
下界の秋も深まってきましたね。

昨日は天気が良かったので秋が通り過ぎてしまう前に『海岸寺』と『遠照寺』を訪れてみました。
どちらも以前このブログでも紹介しましたが、インスタ映えしそうな歴史と風情のあるお寺です。

まずは、『海岸寺(かいがんじ)』
こちらは百体観音で有名なお寺です。
過去の記事
前回は6月に訪れましたが、紅葉の境内はどんな感じでしょう。。。
IMG_E2330IMG_E2333IMG_E2324
う〜ん、少し遅かったようです
IMG_E2311IMG_E2309_1IMG_E2316_1
落ち葉に佇む観音さまも風情がありますね。
IMG_E2312IMG_E2320IMG_E2335
それでもまだ色が残っているモミジがありました。
IMG_E2347IMG_E2343IMG_E2346

IMG_E2340IMG_E2339

来年こそはタイミングを逃さずに訪れたいと思います。

さて、お次は『遠照寺(おんしょうじ)』
こちらはご覧のように立派な松とイチョウの木があることで知られています。
お約束の撮影
「鶴亀の松」または「夫婦松」と呼ばれる二本のアカマツ(詳しくは過去記事をご覧ください)
IMG_E2349IMG_E2351

山門をくぐり、境内へ
IMG_E2360IMG_E2361

立派なオハツキイチョウですね。
IMG_E2354IMG_E2357IMG_E2358

足元には、銀杏が、、、
周辺に漂う匂いはご想像にお任せします。
IMG_E2364

昨年は11月下旬に訪れましたが、そのときは既に葉は落ちていました。
イチョウの絨毯は見事でしたが、紅葉しているイチョウを見るために今年はリベンジ!
タイミングは、ばっちりでしたー

いかがでしたか?
海岸寺も遠照寺もインスタ映えすること間違いなし
ご家族、知人友人と、とお勧めしたいところですが、
ここは是非、一人旅で訪れていただきたい場所です。

場所はそれぞれコース上にありますので一度にどちらもお立ち寄りできますが、
公共交通機関がないため、マイカーか最寄りの駅からタクシーをご利用ください。
【海岸寺と遠照寺の所在地】


JR日野春駅(各駅)が一番近い駅ですが、タクシーはご予約ください。
  ※特急をご利用の場合は少し離れますがJR韮崎駅となります。
  三共タクシー 0120-37-2328







IMG_E1671

こんにちはー
先日の連休は天候に恵まれ、市内各所で行われたイベント会場では
多くの観光者で賑わいました。
10月からお伝えしている増冨の紅葉情報も今回が最後となりますが、
最新の紅葉の様子をお届けします。

本日は薄曇りの中、紅葉橋に足を運んでみました。
前回から1週間ほど経ちましたので、きっと見頃を迎えているはずです。。。

駐車場の周りは色づいています
IMG_1766IMG_E1600IMG_E1601

IMG_E1604IMG_E1605IMG_E1725
一週間ですっかり見頃を迎えました。
IMG_E1607IMG_E1608IMG_E1611

IMG_E1612IMG_E1672IMG_E1621

IMG_E1628IMG_E1635IMG_E1642

ピントがいまひとつ合っていませんね
IMG_E1644IMG_E1648IMG_E1662

IMG_E1668IMG_E1651IMG_E1696

IMG_E1669IMG_1638IMG_1640

IMG_E1709IMG_E1716IMG_E1723

いかがでしょうか?
増冨への玄関口、紅葉橋周辺は錦織なす全山紅葉 真っ盛り
IMG_E1769
みずがき湖の紅葉も今週末までは十分楽しめそうです。

紅葉橋へは、以下の地図を参考にしてください。
紅葉橋紅葉橋 入口
(Googleマップ、ストリートビュー)

紅葉を見逃した方は、まだ間に合います。
ご家族、友人知人を誘って、心と身体の富が増す『増冨』へ!
皆様のお越しをお待ちしております。
なお、弊社の茅ヶ岳みずがき田園バス(韮崎瑞牆線、韮崎深田公園線)は、
今月11月23日(木)までの運行となっております。
以下、リンク先よりお確かめのうえご利用をお待ちしています。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
 茅が岳みずがき田園バス運行案内 0551-42-2343
   運行案内PDF(リンク
 9名様までの小グループでの観光には、料金お得なジャンボタクシーが便利です。
 JR韮崎駅や穴山駅、日野春駅までお迎えにあがります。
  三共タクシー 0120-37-2328
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

このページのトップヘ