01

本日は、昨日までとうって変わって、いい天気になりました。

今日から市内に咲く桜の開花情報をお届けします。

全国に名所は数あれど、北杜市の桜も有名です。
今年は天候が不順のため開花が1週間ほど遅れていますが、
今回は、武川町山高にある実相寺に咲く「神代桜」の様子です。

三春滝桜(福島県三春町)、淡墨桜(岐阜県本巣市)と並び、
日本三大桜のひとつに数えられ、国指定の天然記念物であり
日本最古の桜として知られています。

トップに掲載した写真の水仙は5分咲きですが、
ご覧のように神代桜は蕾です。
0406

こちらは境内にある他の桜ですが、蕾が綻びはじめていますので、
神代桜もあと数日で開花するでしょう。
05


実相寺:神代桜見学図(リンク

せっかくなので、韮崎市の「わに塚の桜」に足を運ぶことにしました。
実相寺から、韮崎市へ向かう途中不思議な光景を見つけました。
ナニコレ?
07
思わず車を止めて、撮影
田園風景の中に、武田菱の頭巾を被った馬を駆る武者?
謎です・・・
080910

この謎を解くために、帰社後に市役所職員の方に電話でお尋ねしてました。
すると「甲斐武田家発祥の地であることから、勝頼公ではないか?」という回答でした。
分かったのは、果たして知っている人はいるのか?という疑問です(^^;

さて、ワニ塚に到着
こちらもまだ蕾でした。
111413

以下は、富士の国観光ネットからの引用です。ーーーーー
わに塚の桜は日本武尊の王子武田王の墓、前方後円墳、王仁族が住んでいた所と諸説ある場所として知られてます。
また、古くからの言い伝えでは、日本武尊の王子の武田王がこの地域を治めた後、埋葬された場所なので「王仁塚」と呼ぶようになったともいわれています。

桜は推定樹齢300年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラで市の指定天然記念物になります。過去には郵政省の「さくらメール」のポスターにも採用され、雑誌「サライ」の2002年の桜特集にも取り上げられました。
2003年1月からフジテレビ系で放送された「僕の生きる道」や2004年1月から放送された「桜咲くまで」というドラマのタイトルバックにも起用された場所でもあります。
ーーーーーここまで
15
わに塚の漢字表記としては、塚の形が鰐口に似ているので「鰐塚」とする説など諸説があるようです。
ここからは、八ヶ岳、茅ヶ岳、富士山が見渡せるのですが、
あいにく今日は、富士山が雲に隠れみえませんでした。
1819
(八ヶ岳/左、茅ヶ岳/右)

4月6日から15日まで、18時30分〜20時30分まで
ライトアップが実地されるようです。
IMG_1240


ここまで、北杜市内の神代桜、韮崎市のわに塚の桜をご紹介しました。
今後も開花の様子をお知らせいたしますので、お見逃しなく!

神代桜へは、JR中央線「日野春駅」下車
タクシーは台数が少なく、大変混み合いますので、
事前のご予約をおすすめします。 0120-37-2328 三共タクシー
5〜9名様なら、ジャンボタクシーがお得です。
ぜひ、遊びにお出かけください。

市内の開花情報は、北杜市観光協会ホームページでもご案内しています。
参考になさってください。リンク