jindai_160331-3

今年も北杜市に桜の季節がやってきました
こちらは、市内の観光情報を発信する「ほくとナビ」に掲載の画像ですが、
3月31日(木)の様子は、ご覧のようにすっかり開いています。
29日に開花宣言が出たばかりでしたが、このところのポカポカ陽気で
一気に開花が進み、既に7〜8分。
神代桜(山梨県北杜市武川町山高「実相寺」境内)
jindai_160331-1
そして、本日1日満開宣言が出されました! 水仙も満開です!
(実相寺HPより)
sw0401si0401

境内には、神代桜のほかにも桜がありますが、なんとこの場所で日本三大桜が全て見ることができるのをご存知ですか?
もちろんご当地ではないので、子桜として分植されたものですが、それぞれに色合いの違う桜が楽しめます。

滝桜(福島県田村郡三春町)*2016.3.30撮影
IMG_8153
樹齢1,000年以上と言われる老桜ベニシダレザクラの三春滝桜。花が下に向かって流れ落ちるように咲くことからついた「滝桜」は、1922年に国の天然記念物に指定されました。

梶尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市「淡墨公園」)*2016.3.30撮影
IMG_8158
樹齢1,500年以上というエドヒガンザクラの淡墨桜です。
つぼみと散りぎわで花の色が変化し、つぼみは淡いピンク色ですが、満開時は白く、散る時は薄く墨をはいたような色になります。

そして、ぜひご覧いただきたいのは今年から公開の始まった「宇宙帰りの神代桜」です!オオーw(*゚o゚*)w
jindai_uchu_160331-1
(ほくとナビより)
この「神代桜の宇宙桜」は、 有人宇宙システム株式会社が計画した事業で、
地元武川小学校の児童により採取された神代桜の種(全部で118粒の種子)は、
平成20(2008)年の11月にアメリカのNASAからスペースシャトルに乗せられ
宇宙ステーションで、約8ヶ月間、無重力の中で過ごしました。
その後、平成21(2009)年7月に地球に戻り、
その種子を全て植えて様子を見たところ、2粒が発芽しました。
その内の1本が境内にあるのです。
桜の花びらは通常5枚ですが、一部に6枚の花びらが見つかっています。
不思議ですね〜(つд⊂)ゴシゴシ
これも宇宙という神秘な世界が成せる技なのでしょうか。。。

他にも岐阜県高山市一之宮町の「臥龍桜」*2016.3.30撮影
IMG_8154_2
山形県長井市の「伊佐沢の久保桜」*2016.3.30撮影
IMG_8159
身延山の「しだれ桜」などが楽しめます。

神代桜は、見頃を迎えてますが週明けが一番の見頃のようです。
長持ちする桜でもあり、他の桜はこれからが見頃を迎えますので、4月中旬まで楽しめるでしょう。

お一人で気ままに、
お友達やご家族を誘って
ぜひ、北杜市にお出でください!


◆資料
   実相寺HP(リンク
   ほくとナビ(リンク