04_1

日程/2015年3月20日(金)出発、21日(土)活動0泊2日
活動先/岩手県陸前高田市 復興サポートステーション(リンク
参加者数/一般20名、REviveJapan1名 計21名
活動内容/古川沼での遺品等捜索

今回の活動地、岩手県陸前高田市は久し振りの訪問です
当初は畑の再生作業を行う予定でしたが、急きょそれまでも行ったことのある
古川沼での捜索活動になりました

(地理院地図)

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


(Google衛星)

古川沼
気仙川が広田湾に注ぐ付近に形成された幅約200〜300メートルの砂州によって
広田湾の一部が閉塞されてできた面積約1.2平方キロの岩手県内最大の自然湖沼

東日本大震災によって壊滅的な被害を受けることとなった高田松原
地震によって引き起こされた津波により二本の防潮堤を破壊し
高田松原を形成していた砂州の多くが海に埋まり
その結果、古川沼は広い範囲で海と繋がり事実上海の一部となってしまいました
02

作業分担し活動
031006

110724531109

篩にかけ、手がかりを探します
957301693885004724

昼過ぎまで作業を行い昼食です
今回もREviveJapan恒例の炊出し
お味噌汁が振る舞われました
いつとのは違う作り手の味、如何でしたでしょうか?
0708

昼食後は、「奇跡の一本松」に立ち寄り、気仙沼港で入浴と買物などの自由時間を過ごして
帰路に着きました
12



今回の集合写真ですが、
出発する前にうっかり忘れてしまったようです

かろうじて立寄った一本松で撮影しましたが
その場にいた参加者のみとなってしまいました
m(_ _)m
IMG_0397
(「奇跡の一本松」前にて 2015.321)