・活動日 10月15日(土)
・活動地 岩手県陸前高田市 
・参加人数 甲斐のめぐみスタッフ1名
       添乗員1名  
       一般参加者34名

・日程  10月14日21:00 本社出発
        15日10:00           
             ∫   ボランティア作業
           12:00 
        16日01:00 本社帰着



活動の様子

第25回目の活動は、岩手県陸前高田市米崎町にて
田んぼ跡地の瓦礫撤去・側溝の泥かき出しと分別作業が行われました。

活動場所は瓦礫と土砂、さらに雨の影響でぬかるんでいます。活動場所~米崎
泥も相当深く、くるぶしまで泥に埋もれてしまう所もありました。

排水溝の泥の詰まりを取り除き、泥に埋もれた瓦礫を取り出します。活動写真 009
活動場所~米崎



終了予定のお昼までに出来る限りの事をやろうと黙々と作業を進め、
沢山の瓦礫が撤去されました。活動終了〜
活動場所~危険物



同行した社員より〜
今回の支援活動は、週の初めから雨天の予報が出ており、
誰もが天候との勝負になることを覚悟していました。
山梨を出発した夜はやはり雨になり、首都高・東北道と直走る所々で
雨足が強まります。各地域から乗車した参加者の顔には不安の顔が見られました。
通常は午後の2時〜3時まで作業を行っておりますが、
今回の全体オリエンテーションでは雨天の為終了時間を早めるという事を告げられました。
活動を行った場所は、米崎町です。
ここは以前瓦礫の撤去作業を行ったことがある地域でした。
雨により活動が早く切り上げられた為、経済支援と雨に濡れた体を温めるという目的で一関IC近くの日帰り温泉に立ち寄る事にしました。温泉へ入って帰路へ


今回、陸前高田市災害ボランティアセンターでは、雨の中700人近い人がボランティア活動を行った様です。
それぞれの思いが今回も復興に向けた一歩を確実に刻んだと
思います。
本当にお疲れ様でした。
そして、今回も参加者皆様のご理解とご協力により、
事故・怪我無く帰路に着く事が出来た事を心より感謝致します。

こんなことが?と思うことでも、復興に繋がる事が沢山あります。
今後も 出来ることを出来るだけ 続けていきたいと思います。
皆様のご協力をよろしくお願い致します。