甲斐的空間

主に北杜市内の観光情報、弊社の事業活動を発信しています。

来て観て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

2018年03月

IMG_E0680

こんにちはー!
本日から市内に咲く桜の開花情報をお届けします。

まずは『神代桜』
どこまで開花しているか楽しみに
人の少ない時間を狙って今朝5時半頃に足を運んできましたが、
既に幾人か訪れていました。

全国に桜の名所は数あれど、
北杜市武川町山高にある実相寺に咲く『神代桜』は、
三春滝桜(福島県三春町)、淡墨桜(岐阜県本巣市)と並び、
日本三大桜のひとつに数えられ、国指定の天然記念物であり
日本最古の桜として知られています。
昨年は4月4日に開花宣言が出されましたが今年は先日3月27日と
1週間ほど早く開花宣言がされました。
IMG_E0666IMG_E0667IMG_E0672

昨日の夏日のような暖かさで一気に開花が進みなんと本日満開宣言がでました
ご覧のように水仙も満開です。
IMG_E0681IMG_E0675IMG_E0670

周辺には椿も綺麗に咲いています。
IMG_E0683IMG_E0688IMG_E0692

こちらは実相寺からの八ヶ岳と帰りに撮影した南アルプスです。
IMG_E0679IMG_E0707

いかかでしょうか?
この週末は天気も良さそうです。
ぜひ、お花見にお出かけください

【アクセス】
交通機関では、JR中央線「日野春駅」が最寄り駅となります。
待機タクシーは台数が少なく大変混み合いますので、
事前のご予約をおすすめします。
お名前と人数、到着時間をお伝えください。
 0120-37-2328 三共タクシー
5〜9名様なら、ジャンボタクシーがお得です。

2017

こんにちはー 
今年も4月第一土曜(7日)から運行を開始いたします。
昨年2017年度の運行から、みずがきルート(韮崎瑞牆線)、茅ケ岳ルート(韮崎深田公園線)の運行時刻を改正しています。
また、みずがきルートでは停留所の名称と位置を変更しています。
みずがきルート(韮崎瑞牆線)
 停留所(2箇所の名称と位置)
 ミサワイナリー⇒農村公園前
 農村

 増富ラジウム温泉峡⇒増富温泉峡
 増富温泉峡


本年度の時刻、運賃に改定はございませんが、当社独自のサービスとして
新たにふたつの割引制度を導入しました
 高齢者割引
  3区間以上をご利用の70歳以上の方を対象とし、ご利用運賃から200円を割引いたします。
 免許返納者割引
  自動車運転免許を返納した方を対象とし、ご利用運賃を半額に。5割引といたします。
以上ふたつの制度は「みずがきルート」のみ適用とします。
他の割引との重複利用はできません。
制度のご利用にあたっては、証明できるものを提示していただくことを条件とします。
  ※高齢者割引・・・例)運転免許証、保険証など生年月日の分かるもの
  ※免許返納者割引・・・公安委員会の発行する「運転経歴証明書」
   見本1-300x189


登山に、観光に、温泉に
当バスをご利用ください。
皆さまのご利用をお待ちしています

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
みずがきルート(韮崎瑞牆線):JR韮崎駅発ハイジの村経由みずがき山荘行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日まで
茅ヶ岳ルート(韮崎深田公園線):JR韮崎駅発深田公園行き
運行時刻リンク
※運行期間:4月7日から11月23日までの土曜・休日のみ
      ただし、4月28日〜5月6日の期間中は毎日
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○
田園バス運行案内kyohoku2


pdficon_largeダウンロード用運行案内フライヤー
裏ワザ/高速バスとタクシーで瑞牆山へ
バスタ新宿から須玉バス停で下車、タクシーで瑞牆山荘まで(25km)が意外と便利?!
時間:高速バス(2時間15分)タクシー(30分)
運賃:高速バス(1,800円)タクシー(およそ7,500円)
※韮崎駅からタクシーをご利用の場合、およそ50分、およそ11,000円
いかがですか?
小グループなら9人乗りジャンボタクシーが更にお得!(予約制)
韮崎駅からでも、およそ13,000円とお得です。
taxi1三共タクシー 0120-372328

他のサイトで高速バスで長坂からタクシーを利用した方がお得、
という案内があるようですが、高速バスを利用した場合は、
時間、料金ともに須玉バス停のご利用がお勧めです!

IMG_8342

弊社では、年間を通じ全社員を対象に事故防止を前提とした安全運転のための講習や
接客に関すること、新入社員にはビジネスマナーなど社内外を問わず様々な講習や訓練を実施しています。

この普通救命講習は、一般的には2〜3年に1度の再講習が推奨されていますが、
業務中はもとより、身近で救護者がいた場合にいち早く正しい対処ができるようになるために
弊社では毎年実施することにしています。
IMG_8341

今回も二班、二日に分かれての講習です。
座学では、最近の管内における救急車の出動件数や心肺停止患者の数
そしてそのうちの通常の日常生活ができるまでに社会復帰した患者の数などの説明を受け、
素早い措置や正しい方法による応急手当の必要性ほかを学びました。
IMG_8346IMG_8350IMG_8352
実技では、患者を発見したところから意識の確認、通報
そして呼吸の確認から胸骨圧迫、気道確保から人工呼吸へという流れです。
まずは心肺蘇生のお手本を見せてもらいます。
MOV_000008816MOV_000032626MOV_000078818

MOV_000093323MOV_000361106MOV_000503924

その後の実技では、それぞれ真剣に取り組みました。
IMG_8359IMG_8356IMG_8363
そのほか、AEDを用いた除細動や異物除去法、患部直接圧迫による止血法を学び
3時間の講習は終了です。
IMG_0001IMG_0003IMG_0010


日頃から応急手当の知識と技術を身につけておくことが大切な命を救うことに繋がります。
身の回りで突然起きるかもしれない緊急時に冷静に対処できるよう、今後も努めていきたいと思います。






30

久しぶりの更新となってしまいましたが、
今回は先日運行したボランティアバスの様子をご報告いたします。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日程:2018年3月9日(金)出発、10日(土)活動
行先:宮城県気仙沼市波路上、明戸海岸
内容:行方不明者の捜索、思い出の品探しほか海岸清掃
参加人数:一般30名(現地合流含む)、リバイブジャパン6名
交通:大型観光バス(山梨峡北交通株式会社、乗務員2名)
受入先:一般社団法人気仙沼復興協会
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
去る3月9日夜
それぞれの思いを乗せて、気仙沼市に向かいました。

東京を経由し都内参加者を乗せ一路東北へ。
IMG_8002IMG_7999
途中小雪が舞う道のりでしたが、
道の駅「上品の郷」で夜明けを待ち旧大川小学校へ。
IMG_8006

全員で線香を手向けさせていただきました。
IMG_8280IMG_8281IMG_8283
そして、海沿いを北上し南三陸から気仙沼へ向かいます。
その道も工事が進み、以前とは景色が変わっていることが見て取れます。
また、前日までの大雨で冠水している道路があちこちにありました。
IMG_8016IMG_8019

8時30分過ぎ
この日お世話になる気仙沼復興協会に到着し
活動前のオリエンテーションを受けます。
IMG_8034

その後、今回捜索する明戸海岸へ移動。
>>活動場所<<

活動前に慰霊碑にて線香を手向けました。
新たに防災広場が整備され、築山と呼ばれる避難用の建物が設置されています。
慰霊碑は以前あった場所からここに移動されていました。
近くにはこれから別に杉ノ下地区コミュニティ広場が整備されるようです。
IMG_8045IMG_8062IMG_8043

こちらが明戸海岸です。
IMG_8065IMG_8070IMG_8071

捜索や清掃の方法段取りを確認後、リバイブジャパンは3班に分かれ活動開始。
漂流物を拾い集める人、捜索をする人
それぞれに手分けして進めます。
1IMG_8079IMG_8083

IMG_8086IMG_8084IMG_8093

天気は回復に向かっていましたが、沿岸部は陽がさすほどではなく
冷たい海風に当たりながらの作業は体に堪えます。
IMG_8088IMG_8089IMG_8091

IMG_8092IMG_8094IMG_8095

帰路の都合上、昼過ぎには終了しなければならないため
休憩を挟みながら誰もが黙々と手元の石をよけたり、
うち上げられた海藻を動かしながら探し続けます。
IMG_8096IMG_8103IMG_8101

IMG_8113IMG_8105IMG_8142

昼過ぎには青空が広がり気温も上がってきていました。
IMG_8212IMG_8187IMG_8235

昼食時間です。
駐車場に戻り、それぞれに用意した食事を楽しみます。
IMG_8240IMG_8241IMG_8242

着替えと片付けを終え撤収。
次に向かうのは「気仙沼さかなの駅
気仙沼に来る度に立ち寄らせていただく場所です。
地元の海産物やお土産が所狭しと並んでいる店内を回り
お目当ての品を購入します。
その後、疲れを癒すために「気仙沼ほっこり湯」にて1時間ほどの休憩のあと出発。
今回は帰路の途中で「南三陸さんさん商店街」に立ち寄りました。
こちらでは買物よりも防災庁舎跡を見ていただくことが目的です。
翌日が7年目ということもあったのでしょうか?
テレビ局の中継車がありました。
IMG_8250IMG_8247IMG_8248

目に見えるもの
三陸道も延長になり、更に町並みも変わり嬉しいことです。
目に見えないもの
僅かな時間でそれを感じることはできません。

今もなお、気仙沼市内だけでも215命もの行方不明者がいます。
今回の活動では手掛かりとなるものは見つけることができませんでしたが、
次に訪れるボランティアへ引き継ぎます。
そしてまたそのバトンを受け取りに足を運ばせていただきたいと思います。

3月11日を迎えるにあたり
謹んで哀悼の意を表すると共に全ての人に心穏やかな日が訪れることを願って止みません。

1年振りの気仙沼市でのボランティア活動は、36名で行うことができました。
山梨はもとより、遠くは奈良、長野、静岡など、
全国各地の小学生から60代まで多くの方がご参加くださいました。
天気にも恵まれ、事故なくできたことがなによりです。
この度の実施にあたり、ご支援ご協力をくださった皆さまに
心より感謝申し上げます。
IMG_8365_1
(2018.3.10明戸海岸にて/気仙沼復興協会提供)
あの日を忘れないために
待ちわびる人、支えを必要とする人がいる限り
私たちも走り続けます。

※掲載している写真はリバイブジャパン撮影

このページのトップヘ