甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

甲斐甲斐(ら)しい山梨のおもてなし。

2014年08月

第118回東北応援活動報告(ボランティアバス)

IMG_9624_1

過日、8月16日に行われましたボランティアバスは帰省ラッシュの最中
参加者の皆様のご協力とドライバーの安全運転により終了いたしました。

三年を経過してしまった今でも社会人、学生、初めての方、二回目以上の方
単独やお友人、親子、様々な幅広い年代の方々がご参加くださいました。
半数近くは初参加の方たちでしたがリバイブジャパン主導のもと、活動前に
勉強会が開催されました。

それによって参加者同士のコミュニケーションや作業行程もわかり初めての方でも
スムーズに活動ができるようになっております。

 そんな活動の様子は以下より・・・

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
〜粟
当日のスケジュール
写真紹介
ご響曄Ω綵颪
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

○当日のスケジュール


[目的地]宮城県石巻市牡鹿半島鮫之浦漁港

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

8/15(金曜日)
20:00 山梨県内出発
★24:00 東京駅到着・出発(渋滞のため遅れての到着)
★24:30 池袋サンシャインシティ到着・出発(同上)
25:00 東北自動車道「蓮田SA」で全体の休憩(15分程度)

8/16(土曜日)
05:00 三陸自動車道「春日PA」起床・身支度・朝食(40分程度)
06:40 石巻市内コンビニでお昼ご飯などの準備
07:45 牡鹿半島鮫之浦漁港へ到着
08:00 バスの中で勉強会(資料を使ったホヤとその養殖作業についての説明)
09:00 作業開始
(ここからは必要な班に分かれての作業/食事も各班毎となります)
13:00 作業終了・片づけ
13:45 鮫之浦漁港出発
14:30 石巻市内「元気の湯」へ立寄り(自由時間90分程度)
★19:00 東北道「国見SA」到着にて全体休憩(25分程度)
★24:30 池袋サンシャインシティ到着
★24:55 東京駅到着
★26:30 山梨県内各所
(★渋滞のため予定より30分以上遅れがあった場面・箇所)

○写真紹介
DSC_0042DSC_0045DSC_0047DSC_0051DSC_0055DSC_0057DSC_0060DSC_0061IMG_9592DSC_0063DSC_0064DSC_0066IMG_9596IMG_9597IMG_9605
この日の活動内容は

ホヤ養殖体験
_顔擲未料別
牡蠣殻紐通し


以上の2種類となりました
参加者34名は2班に分かれ、参加者の中から選ばれたボランティアリーダーのもと別々の場所で作業を行いました。

現地の漁師でこの体験プログラムの講師であります阿部さまから
車内での説明のほか実際にレクチャーを受け作業を致しました。
DSC_0488P1220991_original
大切な工程のお手伝いをさせていただいているということが伝わっていただけたのか
作業で不安なこと、肝心な箇所は阿部さまやリピーターの方に確認したり、
実際お手本を眺めながら行っていました。
初めはゆっくり慎重でしたが、徐々に会話などしながら作業ができるほど余裕が生まれてきていました。
DSC_0492DSC_0499
DSC_0519DSC_0527
IMG_9593P1230035_original
そしてお昼ご飯の時間には、皆さんにホヤを召し上がっていただきました。
関東では馴染みの少ないホヤです。
食べたことのない方も多数いらっしゃいましたが
中には阿部さまにホヤの捌き方を教えてもらっている参加者もおりました。

震災前は海外輸出がその7割を占めていたホヤの需要も
震災以降、韓国などの輸入規制により、ホヤ養殖業として厳しい状況に追い込まれています。
REviveJapanでは、海外に変わる国内の市場開拓に向け取組を始めております。
今回のような活動もそのひとつ
ご家庭の食卓に並ぶおかず、料理の食材として慣れ親しんでいただくために
まずは、一度召し上がっていただくこと。
そこから少しづつ需要の掘り起こしを進めていくそうです。

「生ホヤ」「蒸しホヤ」のほか、ご厚意により「アワビ」、「ワカメサラダ」、「お味噌汁」
が振る舞まわれ参加者全員でおいしく頂きました。
IMG_9600P1230009_original

DSC_0073IMG_9606


○後書きなど
今回REviveJapanさんでは以下のような資料を作成し
皆様にお配りしました
被害状況の説明からホヤの養殖作業の内容、調理方法など
がこの一冊に詰まっております
DSC_0001


単にボランティアに参加するだけでは無く、現状をより深く知り自分自身が
情報の発信源となることが大切です。
そして作業から収穫に至るまで流れと、この先の活動の大切を知って
やりがいのある中身を作り上げていく事が出来ると語っております。

さて、今回はお盆の帰省ラッシュと見事に重なってしまいました。
帰着予定時間が大幅に遅れてしまい参加者の皆様には大変な思いをさせてしまいました。

時節がらの事ですので事前に案内していたため混乱には至らず
1時間程度の遅れで東京・山梨に無事到着することが出来ました。
参加者の皆様ご理解とご協力に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
IMG_9620

(平成26年8月16日 宮城県石巻市牡鹿半島鮫之浦漁港にて)

遊びぃこうし!

8月もあと僅か
今年の夏はいかがでしたか?

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますが
まだまだ遊び足りないという方、今からやっと夏休みという方は
ぜひ、山梨県北杜市にお出かけください

明野町のひまわり公園
「サンフラワーフェス」は、本日25日で終了となりますが
台風のあとで咲いたひまわりは十分楽しめます。
平日は来場者も少ないのでオススメ
14-19-554b14-20-197b14-18-379b
(画像は北杜市HPより)

 開花情報はコチラ 北杜市イベントページ リンク
               北杜市観光協会    リンク


増富ラジウム温泉で疲れの癒し
花とメルヘンのテーマパーク「ハイジの村」を楽しむ
アクティブなあなたには、瑞牆山、茅ケ岳などでハイキング

初秋を感じる今日この頃ですが
お出かけには、いい季節です。

ぜひ、遊びぃこうし(遊びにお出でよ)


JR東日本びゅう国内ツアー  2014年09月30日までのプラン (リンク
                  9月1日〜11月23日までのプラン(リンク
20140819_yamanashi_07_page0001

第117回東北応援活動報告(大原浜お祭り参加)

DSC_0020

7月19日実施のボランティアバスでは、二年ぶりとなる牡鹿半島の大原浜で行われる夏祭りに参加してきました。三熊野神社例大祭です。
もちろん私たちのボランティアバスでお祭りに参加するだけなんてことはありません。
コミュニテイ再建として地元住民の方々と一緒になって行事を盛り上げてまいりました!

神事一連を体験できる貴重な復興応援バスツアーの様子は以下より

○流れ

【7月19日土曜日】出発日
20:30 山梨県県内各所出発
23:20 東京駅出発
23:50 池袋サンシャインシティプリンスホテル前出発

翌朝まで車中泊

【7月20日日曜日】お祭り当日
06:20 宮城県「塩釜水産物仲卸市場」にて朝食・休憩
07:00 塩釜出発
09:30 牡鹿半島大原浜到着/お祭り準備
11:00 三熊野神社にて奉納、祈祷、鐘楼お披露目
11:30 神輿渡御(とぎょ)
12:30 昼食・直会(なおらい)
17:00 大原浜出発
18:30 石巻「元気の湯」 自由時間(入浴や散策など)

翌朝まで車中泊

【7月21日月曜日】
04:00 池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着
04:30 東京駅到着
07:00 山梨県北杜市到着

■参加者数
 総勢35名
 主催REviveJapanスタッフ含め

◇朝食の様子(塩釜水産物仲卸市場)
DSC_0002DSC_0003IMG_9043IMG_9044

朝6時過ぎ・・・
塩釜に到着し、朝の活気ある市場の中、新鮮でおいしそうな海産物にどれを買おうか迷ってしまいます
朝食のごはんと御味噌汁は市場の食堂で提供してくれます。おかずは市場の中で各自好きなものを選んで購入します。新鮮な海の幸がたくさん・・・大きいものはみんなで分けて、いろいろな海産物がいつの間にかテーブルの上にところ狭しと置かれていました。
贅沢な朝食を堪能しました。

◇大原浜(会場)到着後〜祈祷
会場到着後まず奉納品を納めることから始めます。
私達リバイブジャパンチームも山梨から地酒を持参し奉納させて頂きました。
IMG_9063_2

神事参加、神輿を担ぐため白装束への着替えですが、全員分の衣装はありませんでしたので
希望者だけに着替えていただきました。
IMG_9074IMG_9094IMG_9090IMG_9088DSC_0017IMG_9096

2つ並んでいる写真の左が子供神輿です。
二年前、山梨県の元宮大工・神宮司様から寄贈して頂き、NPO法人甲斐のめぐみ(現リバイブジャパン)によって
大切に運搬引き渡しをさせていただいたものです。
右の大人神輿は仙台市青葉区の商店街振興組合から寄贈されたそうです。 一番町4丁目 の町内にある金蛇水神社の祭りで使ってきたお神輿より寄付頂いたものだそうです。

◇祈祷〜渡御行列〜宮入
奉納にはリバイブジャパン代表も参列し厳粛に行われました。
しだいに雨と風も強くなってきましたが、皆さまあまり気にはしてない様子。
祈祷を終え、いよいよ宮出し、神輿を担いで御旅所を廻ることになりました。
先導するトラックの中から太鼓と笛の音が響きわたり、
私たちも「ギョーサイ。 ギョーサイ。」と掛け声で音頭をとり、神輿は悪天候にも臆さず進みました。
そんな力強さに背中を押され自然と真剣な表情の中に笑顔が浮かびました。
IMG_9107IMG_9116IMG_9134IMG_9115DSC_0026DSC_0023

大雨と強風の中みんなとてもパワフルで、勇壮な姿でした。
各所からボランティアさんも大勢来ており、総勢60名近くが
かわるがわる神輿を担ぎ、約1時間の渡御を終えました。
肩と腰を押さえながらでしたが、宮入後は直会です。
本来であれば、まだ渡御は続くのですが、降りやまない雨に断念です。

◇直会〜現地出発
直会は13時頃から始まりました。
生活センターの中では地元の方が作ってくれた料理と飲み物、お菓子が振る舞われました。
参加者、ボランティアさん同士、地元の方々と一緒になって盛り上がりました。
「今年はたくさんの人が来てくれるから、たくさん用意したんだよ」
2年前、3年前の景色が目に浮かび、今年こんなありがたい言葉を掛けて頂けて
感謝しております。
IMG_9189IMG_9191
地元山梨から銘菓「桔梗屋信玄餅」を皆様にプレゼント。
宮司さんのお気に入りらしいですね。
喜んで頂けて何よりです。

雨天のため予定が若干繰り上がり、現地を17時には出発致しました。
このあと皆で石巻市内の「元気の湯」へ行き自由時間です。
滞在時間おそよ2時間
温泉でさっぱりして、食事処でゆっくり休憩
または、周辺のスーパー、コンビニでお買い物
自由に過ごして頂きました。

◇お祭りを終えて
今回も無事に東京都内、山梨各所へと無事に到着することが出来ました。
長時間の移動とお祭りでの力仕事で翌日、肩と腰が痛くなった方もいるかと思います。
現地の方、特に区長さんや、宮司さんは私たちの来訪を大変喜んでくれていました。

計画当初は、2年前同様に私たちも炊き出しをする予定でおりました。
しかし、区長さんを始め地元の方々のご好意で私たちをもてなして下さることになりました。
2年前、3年前の光景を思い出して、そこには無かった光景が今はありました。

天候こそ恵まれませんでしたが、そのことばかり気にしてはいられませんでした。
渡御行列では精一杯の声と気持ちで向き合って楽しんで
直会では地元の方のお話に耳を傾け、時には一緒に飲んだり、食べたり
ひとつひとつの時間を大切に過ごさせていただきました。
「また、来てね」
「また、来ます」
この会話がこの日の全てを物語っています。
IMG_9199_2

(平成26年7月20日・大原浜生活センターにて)

++メモ+++++++++++++++++++++++++++
この日の三熊野神社(安藤秀徳宮司)では、東日本大震災で倒壊した鐘楼(鐘突き堂)が再建され、
お披露目もされました。
三熊野神社は海沿いの小高い丘に建っています。
江戸時代創建とされ、年2回の神社の祭りが地区住民総出の行事だったそうです。
震災で、本殿と拝殿が崩れ鐘楼は倒壊。地区では2人の方が亡くなり、多くの住民が親類宅や内陸部に避難したそうです。
約200名ほどいた住民も震災以降80名ほどとなり、将来の大原浜を心配された当時の氏子総代の斎藤松二郎さん(2013年逝去)らが被災した神社再建を決意。参道のがれきを片付け、社殿へ上がる石段を積み直したのが始まりだったそうです。
2011年12月に各地から訪れていたボランティア等有志と「大原浜三熊野神社再建の会」を立ち上げ、再建に向けて募金活動などが始まりました。

新たな鐘突き堂は約2.8メートル四方の広さで、天井の高さは3.6メートル。建物の側面や天井はヒノキが用いられ、金具を使わずに木だけを組み合わせて建てられたものです。
地元の大工さんが手掛け、昨年11月に工事が始まり、6月に完成。
材料の一部は津波で漂着した流木を製材したほか、建物の基礎部分はボランティアによって仕上げられました。
ご覧の通り立派な鐘楼です。
IMG_9097IMG_9095
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
  • おいしい北杜! #いちご狩り #北杜市 #フルーツ #観光 #農園
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
オフィシャルインスタグラム
Instagram
Twitter プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール