甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

2014年04月

5676a90e

いよいよ楽しみな大型連休の始まりです。
それぞれお出かけのご予定はお決まりですか?
今年はちょっと旗日の配列が良くないですが、それでも前半後半ご旅行やちょっとしたお出かけには十分ですね

北杜市明野町にある「ハイジの村」ではチューリップが咲き始めてます。
f181abda
(画像はハイジの村HP開花情報より)
連休中には、様々なイベントも開催されます。
ご家族で、カップルで、お友達と、ぜひ遊びにお出かけください

例年、GW後半の5月3〜5日は市内の至る所で交通渋滞が発生します。
そのため路線バスでは、遅延が生ずることがあります。
また、弊社の路線バス「茅ヶ岳みずがき田園バス」も非常に混雑することがございます。

特に3日のみずがき山荘行き午前便及び4日のみずがき山荘・韮崎駅行き終日、
5日の韮崎駅行き午後便等は時間帯により混雑が予想されるため、
お問い合わせ・ご利用状況により臨時便を運行することもございます。

一人でも多くのお客様にご利用頂くため、また円滑な運行のため
5名以上のグループ・団体様には、事前にご利用日、予定時刻、人数等の
ご連絡をお願いいたします。
乗合バスのため、原則ご予約は受け付けておりませんが
10名以上の団体様の場合、臨時の増便バスにご乗車頂く場合もございます。
ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、9名様のグループには、ジャンボタクシーがおすすめです!
料金的にもリーズナブルにご利用いただけます。
タクシーのお問合せお申込みは、
三共タクシー0120-37-2328繋がりにくい時は0551-42-2328までおかけ直しください。



※注意※登山者のみなさまへ

金峰山は、小屋付近でも70cmほどの残雪があるようです。
また、大弛峠側の林道は例年5月末まで閉鎖(予定)です。
みずがき山荘側ルート、長野県川上側ルートにおいても
安全のため、必ずアイゼンを用意し、冬山用の装備で入山をお願いします。

大弛峠情報
2014年林道開通時期よりバス・乗り合いタクシーが土日祝日に限り運行されます。
利用は予約制のようです。(詳しくはリンク


皆様のご利用をお待ちしていまーす

県内のお花見も終盤です。

開花情報も今回で最後になりますが、今週末も各所で見ごろを迎えます。
お祭りも目白押し

北杜市(各所満開)
  実相寺のエドヒガン神代桜
   情報サイト 実相寺Webサイト(リンク
  眞原の桜並木
   情報サイト 北杜市観光協会Webサイト(リンク
  清春芸術村
   情報サイト 北杜市観光協会Webサイト(リンク
  神田の大イトザクラ
   情報サイト 北杜市観光協会Webサイト(リンク


山梨県の観光情報はコチラでもご覧いただけます。
富士の国やまなし観光ネット(バナークリックでウィンドウが開きます)
hlogo_rnw




ご家族、お仲間を誘って遊びにおいでください!
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


IMG_5640

前回の宮城県石巻市鮫浦でのボランティアバスに引き続き
今回のボランティアバスも満席となりました。
昨年12月以来となった南相馬市での活動は以下より。

日程:平成26年4月11日(金)〜12日(土)
活動先: 南相馬市ボランティア活動センター
      福島県南相馬市小高区本町2-89 社協会館内


参加人数:一般ボランティア42名+現地合流1名、REviveJapan2名 計45名
活動内容:仮設住宅へのチラシ配り(ニーズ調査)、竹の伐採
活動に使う道具:竹の伐採用のこぎり、ゴーグル、ヘルメット、マスク、長靴(インソール入り)、ゴム手袋など

南相馬市での活動は、昨年12月以来です。
この日も朝から晴天です。
センター到着前に着替えの場所として立ち寄る道の駅では桜が満開。(トップ画)
そして、昼食の買い出しのために立ち寄るいつものコンビニの近くには今年3月11日の日付で新しい碑が建立されていました。
「鎮魂感謝闘魂の碑」と書かれた説明板と「決意」と刻まれたその碑に、苦境に立ち向かいこの地を復興させる強い思いを感じます。
15073471902927_10152431887604744_7073258756537572299_n


08:10−南相馬市ボランティア活動センター到着
08:40−オリエンテーション、マッチング
IMG_5651

09:30−移動

今回は_樟濬斬陲悗離法璽債敢梱竹の伐採作業は2箇所A班B班に分かれ活動にあたりました。
_樟濬斬陲悗離法璽債敢
移動前にセンターで個別に目的や注意事項についてレクチャーを受けました。
20140412_094306

目的は、お困りのことはないか、ボランティアに頼みたい作業はないかなど。
注意事項としては、独居やご家族と暮らしているなど世帯状況にもよりますが、
こちらから震災を思い出すような話は避ける、質問は控えるなどです。
20140412_111507

場所はセンターから車で30分ほど離れた鹿島区、原町区にある仮設住宅です。(10名)
2、3名1組一軒ごとにチラシを持って訪ねていきます。
20140412_13212220140412_132254

竹の伐採(35名)
A班(12名)
活動場所はバスで移動。センターから10分ほどの海側です。

写真の中央奥に見えるのがA班の作業現場です。
この竹林を時間内でできるだけ伐採します。
WS01IMG_5653_1
IMG_5658IMG_5659
うっそうと生い茂る竹林
その中に足を踏み入れるのも大変でした。
IMG_5655IMG_5654IMG_5664


IMG_5663IMG_5660IMG_5678
昼を挟んで行った作業は、竹林の2分1程まで終えました。
以下は作業終了後
IMG_5680IMG_5681
現場から少し歩くと海が見えます。
1097089_492068597565540_9114997596163008061_o


B班(23名)
A班と同じ場所で別れたB班の作業現場はA班の竹林の横道を奥に進んだところでした。
1507347_450586335075089_965099102055695614_o
こちらからも海が見えます。
10256749_450586341741755_8133878144301677411_o
ご覧の通り、この場所は海からほど近いところでしたが津波の被害は目前で免れたそうです。
B班はニーズを全て完了しました。

14:20−ボランティアセンター出発
14:45−道の駅(買い物)
15:25−「はらまちユッサ」入浴休憩
お待ちかねの温泉入浴。
こちらでは、夕食も召し上がっていただきます。
IMG_5705IMG_5712
入浴後は交流時間です。
お互いの自己紹介的なことや活動のこと、他の被災地のこと、支援についてなど
初めて、リピーターに関係なく、参加者同士語らい合っていました。
このような交流を通じて、さらに支援の輪が広がってゆきます。
貴重な時間です。

17:20−出発
22:40−池袋着
23:10−東京駅着
01:50−山梨県北杜市着

今回も多数の方にご参加いただき、ボランティアリーダーのもと怪我もなく活動を終えることができました。
皆さんのご協力に感謝いたします。

IMG_5687
(平成26年4月12日撮影/南相馬市ボランティア活動センターにて)


□■□後記□■□■□■□■□□■□■□■□■□

今年2月に復興庁がまとめた避難者等の数は約26万7千人に上り、
全国47都道府県、約1,200の市区町村に暮らしているとのことです。
3月現在、福島県内では、発災から3年が過ぎた今でも
(一部)避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域、計画的避難区域という4つの区域が設けられ、親族・知人宅等へは9,985人、 公営、仮設、民間、病院含む住居等へは37,698人、計47,683人もの方が避難生活を送っているそうです。
そして、南相馬市においては鹿島、原町、小高の一部または全部の区が避難指示解除準備区域に指定され、およそ13,000人もの方が避難を強いられています。

石碑があった国道6号線のこの辺りは原町区と小高区の境です。
原発事故により2012年4月15日まで「警戒区域」に指定され立ち入り禁止となっていましたが、
今回活動した小高区は警戒区域解除後も全域にわたり避難指示解除準備区域として居住(宿泊)は許可されていません。

仮設住宅で活動を行った方から活動後の車中で、他の参加者にその時の話をしていただきました。
新たに新居を構え、仮設住宅から転居できる方がいる一方で未だに生活再建の目途も立たない多くの方がいます。
その明暗が伝わってきたそうです。
仮設住宅によっては、住人同士のコミュニティーが整っていないような
そんな話も聞きました。
一年先にさえ希望を持てない方々は何を頼りに、何を楽しみに生活をされているのだろう
その胸を内を想像するだけで居た堪れなくなります。

昨年の同じ時期にも同じことを思った気がします。
桜は同じようにキレイに咲いていましたが、そこに暮らす方々はどんな気持ちでその桜を見つめているのでしょうか

903463_450586281741761_2880197914895139758_o
(センター脇に設置されている線量計)

DSC_1245

さまこんにちは。4月に入りあっという間に暖かくなり皆様の地域でも桜の開花を目に、耳にしているかと思います。
昨年同様、春休み真っ只中という事もあり、非常に大勢の方々にご参加頂きました。限られた座席数を最大限に利用し少しでも多くの方にご参加いただけるよう増便を決定し、計バス2台での催行となりました。

計70名近い参加者の皆様と宮城県石巻市の鮫之浦漁港にて漁業支援のボランティアをしてまいりました。今回もいつもお世話になっている漁師の阿部様の作業場にて活動をさせて頂き、震災後に再開した養殖がホヤが育ち収穫できるまでになりました。(トップの写真が収穫直後のホヤです)
今日の活動が3年〜4年後に実を結ぶことを思いながら行った作業の様子は以下より。

■活動日
平成26年3月29日土曜日
■活動人数
69人
■目的地
宮城県石巻市牡鹿半島鮫ノ浦漁港
■活動場所地図

より大きな地図で 3月29日活動場所 を表示
■作業内容など
ホヤ養殖作業のお手伝い
.キ殻の選別
▲キ殻から種床を作る作業(ヒモ通し)
ホヤ養殖の筏(いかだ)を固定すアンカー用の土嚢作り

以上3つの作業を3カ所の場所に分かれて作業致しました。
それぞれの作業ごとにボランティアリーダーを参加者の中から選任して活動中の安全やタイムキーパーとしての役割を担って頂きました。

■作業風景
260325 269260325 270260325 272DSC_1227DSC_1228DSC_1229

260325 288260325 295DSC_1231DSC_1233DSC_1234DSC_1235DSC_1240DSC_1243DSC_1247

動は朝09時30分から開始して12時過ぎまで行いました。
リバイブジャパンでは参加者への炊き出しとして「味噌汁」と「フランクフルト」を朝から準備しておりました。
更に阿部様のご好意でその日とれた新鮮な「めかぶ」、こちらは味噌汁の具材として、その他阿部様のお義母さんが捌いて下さった「ホヤ」(これもその日水揚げされたものです)も頂戴いたしました。
「ホヤ」は新鮮なうちにお刺身として頂きました。

ホヤってどんな味?そう思われる方や、あの見た目でちょっと・・・と敬遠してしまう方も多いと思います。
食感はタコに似ています。新鮮で噛むと身の弾力で歯が弾き返されます。味は海水に浸していただいたので海そのものの味でした。よく言われる臭味はありません。新鮮な海の香が口と鼻いっぱいに広がります。お酒好きには堪らない食感と塩加減ですね。
参加者の中には、ホヤは苦手な方も多く最初は遠慮がちでしたが、ひと口食べてみると、
「今まで食べたホヤとは違う!」
「こんな美味しいホヤは初めて食べたよー」と
どんどん箸が進んでいました。食べてみると抵抗無くパクパク食べれます。
是非機会があればご賞味下さい。
でも、ここでしか味わえませんよ(笑)

「特製めかぶ入り御味噌汁」と「貴重なホヤの刺身」どちらもここでしか頂けない貴重な一品で
大変おいしく頂きました。


260325 337260325 338260325 353260325 356260325 357260325 361DSC_1260DSC_1261DSC_1265DSC_1268DSC_1269DSC_1270

らに!!
女川のママサポーターズ様より「さんまなタイ焼き」も頂戴しました!!
代表の八木様がわざわざみなさんのために届けて下さったのです。
(ありがとうございました!!)
さんまの形をしたタイ焼き(?)。たくさん頂戴しましたので参加者全員でおいしく頂きました。
('▽'*)♪
260325 344260325 3451472748_477088859085176_3515590_n
260325 340260325 368260325 363
写真上段がさんまnaたい焼きです
下段左は捌いたホヤ!真ん中がメカブ入り味噌汁です!美味しそうでしょ〜
メカブは、もとは濃い深緑ですが、お湯を通すと鮮やかな緑に色を変えます。
新鮮さもさることながら、その色の変化も味噌汁を注ぐ時に楽しんで頂きました。

988850_477089189085143_936075660_1
写真左側が八木様、右側はREviveJapan代表です(ご本人の希望により目線入り

昼の交流もあっという間に1時間が経ってしまいました。初参加の方が大勢いる中で、参加者同士や阿部さん、親戚の方も含めて一緒になって交流を深めることが出来たと思います。皆様はいかがでしたでしょうか?まだまだ話足りないことがあれば是非次の機会にご参加くださいね。

活動は怪我やアクシデントも無く無事に終了致しました。
リーダーを務めて頂いた方、本当にありがとうございます。

現地出発後は石巻市内の案内しながらお待ちかね、入浴施設「石巻元気の湯」へ。
自由入浴や周辺の散策などおよそ1時間の休憩を取り帰路へ付きました。

東京・山梨へ予定より少し早い22時30分前に到着となりました。
参加者の皆様のご協力のおかげでございます。本当にありがとうございました。
260325 388

(平成26年3月29日;石巻市牡鹿半島鮫之浦漁港にて)

□■□後記□■□■□■□■□
今回阿部様が用意して下さったホヤは、震災後にボランティアの皆さんが一生懸命お手伝いをしたものを阿部様が大事に育ててくれたものです。
それ故に感慨深いものがあり、喜びも一入です。
当時、ちゃんと育ってくれるか、どのようになっていくのか分からずに、今日の日を待ちわびながらお手伝いをさせていただいてきました。
この鮫浦行きのボラバスに参加して下さった皆様一人一人の想いが詰まっています。
そして、今回皆様が行ったお手伝いも必ず数年後に同じように収穫を迎えることでしょう。
みんなの力が集まれば、必ず形になる!
そう実感した一日でした。

写真 3


昨日のいい天気とはうって変わって、北杜市では雪が舞いました。
日中は一時、日が射してきましたが曇が多い一日でした。

それでも桜や桃の花は県内各地で見頃を迎えています。
北杜市武川町にある実相寺の神代桜は本日満開を宣言しています。
(トップ画は本日の神代桜の様子:甲府市にお住まいの三井様撮影)
綺麗ですね〜
境内にあるソメイヨシノは咲きはじめということで来週まで楽しめそうです。

こちらの写真は、笛吹市笛吹川沿いの桜です。
こちらも満開です。
1

今日は笛吹市の桃の里マラソンが開催され、その様子を見に行ってきたついでに撮影してきました。
10247473_576715542424206_6955856189209388282_n

こちらは笛吹市内の桃の花の様子
10155430_576755982420162_9044540682812344698_n
あいにくの空模様でしたが、青空に良く映えるピンク色が綺麗です。

すももの白い花も満開です。(本日)
10156107_451924788287326_162907337_n

(神奈川県横浜市にお住まいの福田様撮影)

明日から運行が始まる「茅ヶ岳みずがき田園バス」ですが
年間を通じ、多くの登山者にもご利用いただいております。

下界では既に春を迎えていますが、山々はまだまだ冬の名残りがあります。
入山する方は十分注意が必要です。
以下、山岳情報をご案内しますが、詳しくは直接山小屋にお問い合わせ下さい。


瑞牆山
積雪
 30〜80冂度、トレースはついていますがトレースを外れると足をとられます。
 金峰山へのルートも積雪50〜200cm、吹溜まりは2m位あり、
 トレースはついていますが、やはりトレース外れると腰まで潜る可能性があります。
 凍結箇所有り。

装備
 冬装備が必要です。8本爪以上のアイゼン、ピッケル必携。
 ワカンはあった方が良いでしょう。
 自分が行くルートや現在地を確認するために地図と日が短いのでヘッドランプ必携です。
 登山道および林道の状況は常に変化しますので、装備などはどのような状況でも対処できる
 準備をお願いします。

 念のため雪崩れにご注意ください。
 まだまだ冬山ですので、安易に初心者は入山しないようにしましょう。
 早出早着の原則で、目的地には15:00までに到着するようにしましょう。
 公衆トイレはまだ使用不可。

瑞牆山荘
 通常営業で平日も営業しています。
 宿泊の場合は必ずお電話(0551-45-0521)にて要予約。


金峰山
積雪
 廻り目平100cm、金峰山小屋100cm前後。
 トレースはありますがワカンかスノーシューが必要のようです。
 樹林帯より上部の積雪も積雪100cm前後、風で飛ばされているので樹林帯より少ない様子です。
 林道や登山道で、落石が見受けらるため、歩行には上部も注意が必要です。
 現在、除雪は廻り目平までされていますが、幅は狭く廻り目平の駐車スペースは2台しかありません。
 雪かき用のスコップがあるとよいでしょう。
 凍結箇所有り。

装備
 厳冬雪山登山装備が必要です。
 防寒着(帽子や手袋も含めて)、ライト、アイゼン12本爪などが必携です。
 状況によりストック、ピッケル、ワカンも必要なことがあります。
 完全冬装備とビバーク出来る装備でお越し下さい。
 陽気が良いとTシャツで歩けるほど暑く感じますが、天候が崩れると完全冬装備が必要です。

金峰小屋
  営業予定日は4月26日
  宿泊料金は2食付き 7,500円
  お問い合わせ TEL&FAX 0267-99-2030
            携帯電話(~21時頃迄) 090-4931-1998


今年の積雪は例年より若干多いと思われます。
気温の上昇に伴い雪解けも進みますが、雪崩や朝晩は氷点下になることもありますので
凍結よる滑落には十分注意して下さい。
登山計画にはゆとりを持ち、登山中も余裕をもって行動をお願いします。
怪我のないよう山行をお楽しみ下さい。

なお、最新情報は各山小屋に直接お問い合わせ下さい。











4月に入り、県内の桜の開花も一気に進んできました!


身延山久遠寺のしだれ桜

   全国しだれ桜10選 樹齢400年の「しだれさくら」満開です! 
   情報サイト 身延町観光協会Webサイト(リンク
           蠅擦い靴Webサイト(リンク

実相寺のエドヒガン神代桜

   樹齢2000年以上といわれる日本三大桜の「神代桜」は5〜6分咲き、十分見頃です!
   情報サイト 実相寺Webサイト(リンク


 今週末は甲府市で信玄公祭りも開催されます
 お花見に、お祭りに、 山梨に遊びに来(こ)ぅし〜

このページのトップヘ