甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

2014年03月

いよいよ、お花見の季節到来です。
山梨県内でも桃や桜の開花が始まり、桃は一足先に既に見頃を迎えている処もございますが、
今年は例年より1週間から10日は遅い感じです。
今週末から来月に徐々に見頃を迎えることでしょう。
 
今年最初の桜の開花情報、県内の有名どころのご紹介をいたします。


身延山久遠寺のしだれ桜
  
   情報サイト 身延町観光協会サイト(リンク
           蠅擦い靴鵐汽ぅ函リンク

実相寺のエドヒガン神代桜

   こちらは福島県田村郡三春町大字滝桜久の『三春滝桜』、
   岐阜県本巣市根尾板所の『根尾谷淡墨桜』と並ぶ日本三大桜のひとつです。

   情報サイト 実相寺ホームページ(リンク

その他
   北杜市内
   眞原桜並木、神田の大糸桜、清春芸術村など
   情報サイト 北杜市観光協会(リンク


   甲府市内
   武田神社、金櫻神社「鬱金(うこん)の桜」、舞鶴城公園、王子神社「王子権現のシダレザクラ」
   情報サイト 甲府市観光情報公式ページ(リンク


これから桜前線も進み、県内の桜の名所でも次々に見頃を迎えるでしょう!

   ぜひ、お花見にお越しください♪ 

0101


先月2月14日から降り続いた雪は15日まで降り続き、関東甲信越全域にわたり記録的な大雪となりました。
山梨県内でも軒並み1m越えの観測史上例のない積雪となりました。
「陸の孤島」
中央道をはじめ他県に繋がる道という道は全て寸断され、物流の動脈を絶たれた県内は
スーパーやコンビニの店頭に並ぶ弁当やパン、カップ麺などあっという間に売り切れになりました。
また、山沿いを中心に集落や民家が孤立するという事態も発生し、山梨県は最悪の豪雪災害に見舞われました。

TVの全国版ニュースでも当初はほとんど取り上げられることもなく、その被害の甚大さは
首都圏どころか日本全国に届かない中で、そのSOSは被災地からツイッターやフェイスブックを通じ
発信することになったのです。

その前触れは、2月9日
この日も甲信越、東海地方の一部で大雪になりました
河口湖で89cm、北杜市でも50cm以上と16年振りの積雪でした。
道路も各所で通行止め規制が敷かれ、列車も止まり、陸の孤島になった日です。
それでも10日夜には中央道も復旧し、この日110回目を予定していた宮城県気仙沼市行きのボランティアバスも30分程度時間を早め出発し、無事に活動を終えました。

前日の13日はご覧のような快晴でした。
260215 003

【2月14日】
午前7時・・・この時点では、先週(9日)のこともあり、いつもの雪 くらいに思っていました。
積雪も大したことはありません
260215 007260215 006
午後1時・・・国道も路面が見えなくなります。まだ楽観的です。
260215 010260215 012
午後4時・・・積雪は25cmほどになりましたが降りはさほど強くなく、本社の駐車場に積もった雪を取り敢えずかきました。
260215 015

午後5時・・・まだ止みません。せっかく雪かきした駐車場も徐々に雪で埋まっていきます。
260215 017260215 019
午後6時・・・30cmを超えましたが、甲府気象台の予報では翌朝は雨。
260215 024

午後8時・・・先週の積雪量を超えそうな降り方に、ただならぬ嫌な予感が過ぎりはじめ、念のため会社に泊まることにしました。
260215 025260215 026
午後9時・・・50cmを越えてきました。 ネットで交通情報、道路情報などを調べます。
260215 034260215 038260215 039

【2月15日】
翌朝
午前6時30分・・泊まった仮眠所のドアが開きません。
           仕方なく、窓から外へ出てみると。。。まさかの(@@;
           積雪は1m20cmを超えてました。
           隣のすき家駐車場との境、フェンスの上部まで雪が積もっています。
260215 042260215 045
営業所のお客様出入り口もご覧の通り。事務所の窓下以上に積もっています。
260215 044260215 047260215 052
事務所の周りを埋め尽くす大雪
260215 055260215 062260215 113
国道もご覧の有様です。 辛うじて除雪の跡も見られます。
260215 064260215 065

大雪は災害となり、この後1週間以上にわたり、病院、学校、買い物、公共交通機関と県民生活の全てに支障をきたしました。

近くのコンビニの店内の様子です。
260217 013260217 012260217 014260217 016
弁当はもちろん、パン、カップ麺など商品が無くなるにつれレトルトまでもなくなってきました。
絶えず新鮮で豊富な品揃えをしている現代の台所も物流が寸断されてしまうとどうにもなりません。
まさに弱点です。

2014年2月11日ボランティア022

皆様こんにちは。
今か今かと待ち望んでいた皆様大変申し分けございません。先月2月11日、宮城県気仙沼市で行われたボランティア活動の報告をいたします。

■活動日
平成26年2月11日火曜日
■活動人数
総勢60名(一般参加者59名・リバイブジャパンスタッフ1名)
■目的地
宮城県気仙沼「登米沢海岸(とよまざわかいがん)」
■活動場所地図

より大きな地図で 26年2月11日活動場所 を表示

■作業内容など
今回も気仙沼復興協会さんにお世話になりました。毎月命日に行われている集中捜索活動に参加させて頂きました。前回の活動の様子がニュースや報道等でも取り上げられ、バス1台の定員を超える60名近い参加者を迎えることとなりました。前周に降った大雪も懸念されましたが、道路状態も良く、予定通り到着する事が出来ました。今回活躍したバス2台のご案内です。
2014年2月11日ボランティア0202014年2月11日ボランティア021

「ホヤぼーや号」と「さんまじょう(お嬢)号」です。
具体的な活動内容ですが登米沢海岸での遺骨、遺品捜索となります。通称「玉石海岸」と呼ばれ、砂浜の海岸では無く直径15cm以上の玉石が敷き詰められた海岸であったため非常に力のいる作業となりました。活動の様子は以下より。
2014年2月11日ボランティア0242014年2月11日ボランティア0252014年2月11日ボランティア0262014年2月11日ボランティア0272014年2月11日ボランティア0302014年2月11日ボランティア0322014年2月11日ボランティア0372014年2月11日ボランティア0362014年2月11日ボランティア039
集中捜索活動の前に気仙沼署員の方より捜索にあたっての注意事項などの説明を受けました。この日は風も強く、波が高い様子でした。波がすぐそこまで来るところでしたので十分に注意しながらの作業となりました。
この日、気仙沼復興協会とリバイブジャパンでは炊き出しの準備を進めていました。作業をお昼すぎまで行いました。昼ごはんの時間に間に合うようにと、こちらも急ピッチで作業が進められました。
2014年2月11日ボランティア0432014年2月11日ボランティア0422014年2月11日ボランティア0132014年2月11日ボランティア0412014年2月11日ボランティア0502014年2月11日ボランティア0492014年2月11日ボランティア0512014年2月11日ボランティア0582014年2月11日ボランティア057

作業終了と同時にお昼の時間となりました。この日は10時頃から12時30分頃まで作業を致しました。復興協会さんとリバイブジャパンで用意して頂きました暖かい飲み物(ラーメンなどもありました)と一緒にお昼ご飯を済ませる事が出来ました。準備をしてくださいましたスタッフの皆様本当にありがとうございます。


-午後2時45分
-気仙沼プラザホテル到着
-フリータイム・入浴される方、お買い物される方、各々自由にお過ごし頂きました。
-本日火曜日のためいつも立寄らせて頂いている「さかなの駅」さんは定休日でした。
 残念。

-午後11時00分頃
-池袋サンシャインシティプリンスホテル前到着
-東京駅到着

-深夜2時頃
-山梨県北杜市到着

ケガなく無事に東京、山梨まで帰ってくることが出来ました。ありがとうございました。
2014年2月11日ボランティア060
(平成26年2月11日 気仙沼復興協会にて) 記;秋山

*後期
今回の出発日2月7日前の休みに関東では記録的な大雪がありました。中央自動車が出発日の昼まで通行止めの状態が続いており、時間を早めてでも東京からの参加者をピックアップしようという話が持ち上がった矢先に通行止め解除(除雪が終了)となりました。ひとまず安心。
出発してからも路面状況や交通情報を随時収集し、先回り先回りの対応が出来るよう努めました。なにはともあれ、気仙沼へは予定どおり到着。天気も快晴。
参加者の皆様の熱意も後押ししたのでしょうか・・・。

さて、一月前の記事を書いている今は3月12日でございます。去る平成26年3月11日で東日本大震災後3年を迎えました。
復興を祈りながら黙とうを捧げこう思います。継続も力なりですが、そのお力は皆さまが懸ける熱意だな・・・と。

このページのトップヘ