甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。

2011年03月

第3回災害支援の様子 PART3

PART2では3号車の様子をご紹介します。

3月26日(土)
今回私は2号車に乗り一緒に被災地まで行って来ました。甲斐のめぐみ様の紹介で甲府青年会議所のボランティアの方と現地まで同行いたしました。
目的は、避難場所になっている多賀城市立東豊中学校への救援物資の運搬。それと日本財団の黒沢様の支援で石巻市にある南境生活センターへ救援物資を届ける事です。
DVC00010
多賀城市向かう途中で撮影。国道45号線、塩竈市方面。津波の影響で横転した車が多く見受けられました。
DVC00006

DVC00004
避難場所の多賀城市立東豊中学校にて撮影。数多くの物資が届けられていました。
DVC00002
南境生活センターにて。物資の受け渡しの様子です。

現地には多くのボランティアスタッフがおり、荷物の積み下ろしに多くの協力がありました。私は避難所にも顔を出してきました。先の見えない生活に不安をいだいて人との会話も避けている方もいました。そんな中で懸命に支えようとする強く、逞しいボランティアスタッフをこの目で見てきました。
第3回災害支援は無事に終了いたしました。救援物資を提供してくださったみなさまと、甲斐のめぐみ様、当日同行してくださった方々とドライバーの皆様本当にありがとうございます。

第3回災害支援の様子 PART2

PART2では1号車の様子をご紹介します。

3月26日(土)
気仙沼の仙翁寺(せんのうじ)と大谷中学校に数百人の避難者がいるということなのでそちらに救援物資を届けに行きます。
物資輸送 021

物資輸送 016
上2枚の写真は気仙沼までの国道周辺の状況です。津波によって押し流された事が分ります。
物資輸送 036(搬送先 仙翁寺)

物資輸送 034(搬送先 仙翁寺)
搬送先の仙翁寺になります。たくさんの救援物資とメッセージカードが届いていました。

その他1号車で撮影された写真を掲載したいと思います。
物資輸送 053
家一軒丸ごと流されたようです。家具や生活品が散乱しています。
物資輸送 055
神社の鳥居だけが残っています。よく見るとガレキのなかに車のようなモノが見受けられます。

PART3へ

第3回災害支援の様子 PART1

3月25日から3月27日の3日間で行われました。第3回災害支援の様子を写真と共に掲載します。

3月25日(金)
物資輸送 002(市役所にて積み込み)
北杜市役所にて撮影
北杜市民の方々から寄せられた様々な救援物資を運ぶことになりました。

今回はバス2台、物資の量も多くなり綿密な打ち合わせののち、山梨県北杜市を出発を致しました。

1号車は気仙沼へ
2号車は石巻へ
それぞれ向かっていきます――。

 【同行者】
      山梨峡北交通社長ほか社員1名
      ボランティア2名
      甲斐のめぐみ2名
      宮城県出身帰郷者2名
      その他1名
 【支援搬送先一覧】
      南境生活センター
      石巻専修大学
      多賀城市立東豊中学校(避難所:約200名)
      仙翁寺(避難所:約300名)
      大谷公民館(避難所:約180名)

第3回災害支援に向けて

第3回災害支援を3月25日から3月27日にかけて行う事が決定いたしました。救援物資の数もこれまで以上の協力があり、今回はバス2台の運行となります。
第1回、第2回と引き続き災害支援にたくさんのご協力をいただきありがとうございます。

    平賀 禎  (よっちゃん食堂)様
    北村 学爾 (養福寺)様
    山田 浩由様
    三井 崇宏 (三井ワークス)様
    中谷 克彦様
    北杜市   (福祉課)様
    NPO法人甲斐のめぐみ 様
    八ヶ岳ピースワーカーズ 様
    NPO法人楽空(らく) 様

    ご支援、ご協力感謝しております。

ならびに支援を頂いた方々と山梨峡北交通の社長、従業員のみんなで
力を合わせ被災者のもとへ物資を届けて参ります!

私もその一人として参加させていただきます。

北杜市から送られる救援物資は北杜市民から寄せれれたものです。今回甲斐のめぐみ様に依頼をされ当社が輸送を行うことになりました。私たち一同北杜市民の代表として、みなさまの気持ちを届けて参ります!

講習・研修フォトレポート(2011.03.13)

 今年の3月12日と13日の2日間、養福寺の住職さんのご協力のもとで社員教育として、講習を開催していただきました。
新入社員の教育にお寺での合宿を取り入れる企業があると聞いていました。そんな中でついに当社でも研修の場所がお寺になりました。
 私もあと一月で入社から1年という事で今回の研修を通して「自分を見つめ直す」事にしたいと思います。
そんな様子が撮影されていましたので以下から
研修 013


最初に講習という事で「自分」というものについて考えることが始まりました。仏教を全然知らない人でも問題ありませんでした。大分わかり易く話していただいたので私自身の話し方の勉強にもなりました。
研修 002


その後座禅に移ります。ほど良い緊張感の中で座禅を組みました。20分程度でしたが、足は痺れ頭はボォーとしてしまいました。

そして、座禅の後は説法を聞きました。座禅の中でひたすら「自分」についてアレコレ思っていました。全ての講習を終えたみんなの顔を見ると心なしかスッキリと晴れやかになっていたと思います(笑)

改めて自分を見つめ直すのも時には良いかもしれない。そして来年も頑張ろう!!ってなった!

今回、貴重な社員研修を企画していただきありがとうございます。そして養福寺の住職の方から大切な言葉を頂きました。
「心寛(ひろ)く、言葉優しく、笑顔忘れず」
とても心に響く言葉をいただきありがとうございます。

講習・研修フォトレポート(2011.01.22)

今年の1月22日北杜市長坂総合支所ならびに韮崎消防署にて「救急救命講習」が行われました。当社の社員教育の一環ということで長坂消防署と韮崎消防署の皆様にご協力を頂きました。当社の乗務員、従業員のより高いサービスを心がけ、緊急を要するときでも落ち着いた判断ができるようにするため毎年行っている研修です。
社員全員で参加をしてきましたのでその様子を紹介したいと思います。

P1010127
まず、一番最初にスライドとテキストを使い応急手当の基礎知識を学びます。
P1010134

そのあとには人形を用いた実践が待っておりました。なかなかの美人さんであります

ケガ人(傷病者)を見つけてもすぐには駆け寄らないで周りの安全を確保することが先決。そしてケガ人の意識・呼吸の確認。

P1010132

こうやって呼気は耳で感じ取ると正確。見て!(胸の動きを)聞いて!(呼吸音を)感じて!(息がかかる感覚を)1・2・3

P1010133

人工呼吸(頭部後屈あご先挙上法)と心臓マッサージ(胸骨圧迫)を繰り返します。人工呼吸2回⇒心臓マッサージ30回、マッサージの速さは100回/分がいいそうです。結構はやくて、パワーも使います。

P1010142
これと平行してAED(自動体外式除細動)を使用します。使い方は音声アナウンスに従えば良いので難しいことはありません。

P1010114無事に蘇生できたようです

いつ、どんな時に自分が助ける立場、助けられる立場に立つかわかりません。だからこそ多くの人が助ける立場で活躍していってほしいですね。そんな気持ちで社員一同学ぶことができたの活発に意見と質問が飛び交っていました。
以下に今回の講習で行った事の参考サイトをリンクしておきました。心臓マッサージもAEDもやったこと無い方は覗いてみるといいかもしれません。

日本赤十字社HP・心肺蘇生法について

日本赤十字社HP・AED(自動体外式除細動)について

最後に長坂消防署ならび韮崎消防署の職員の皆様ご協力感謝いたします。

第2回災害支援の様子

東日本大震災・被災地における災害支援を当社とNPO法人の「甲斐のめぐみ」様ならびに「えがおつなげて」様のご協力により2日間の活動を無事に行う事が出来ました。
第2回となる災害支援の様子になりますが、写真を添えてみなさまにお伝えしたいと思います。
20 001
当社では、上の写真のように緊急支援車両としての許可を取りバスの運行を行って参りました。今回行う災害支援の目的は
〇抉臺資の運搬
帰宅困難者に対してシャトルバスの無償提供
 になります。
20 005
(福島県にて撮影)
およそ3,000食分のレトルト食品と水、衣類や毛布、ティッシュといった物資の運搬を行いました。
20 006
(※これらの物資は、しっかり被災地へお届けいたしました。)
20 015
(シャトルバスの無償提供)
仙台駅から新宿経由・山梨行きのシャトルバスとして多くの方たちにご利用していただきました。

第1回・第2回の災害支援は共に「甲斐のめぐみ」様と「えがおつなげて」様に支援物資を提供していただきました。物資の確保に奔走していただいた方々にはとても感謝しております。また、同行した社長を始め運行にあたったドライバー、当社のスタッフのみなさま本当にお疲れ様でした。

この災害支援を通じて多くの方の力が1つになりました。そしてその力で被災地の復興が1日でも早くなることを有志一同心から願っております。


被災地への支援に向けて その3

2日間(19日、20日)にわたる支援物資の輸送ならびにシャトルバスの運行は無事に終えることができました。

当社とNPO法人「甲斐のめぐみ」による次回の活動は未定ですが、今後決まり次第ご報告させていただきたいと思います。

ご協力ありがとうございました。

被災地への支援に向けて その2

先日(19日)の被災地への支援物資の運搬や帰宅困難者についての支援は無事に終わりました。たくさんの方達の協力のおかげです。お疲れ様です(*'-'*)
ささやかにそしてホッとひと安心できました。

本日もまた福島・仙台方面に支援物資を運びます。帰りには東京経由、山梨行きのバスとして運行を行います。
ツイッター上で乗車される方を募っております。運賃は無料です。リンク先(昨日の記事)のツイートにフォローしていただければ乗車可能です。

DSCF0001DSCF0004DSCF0019

仙台/現地情報について

ブログにて災害支援の情報を引き続きお送りします。

現地スタッフ(NPO法人甲斐のめぐみ)の方がツィッターで情報を更新しています。
甲斐のめぐみツィッター

本日3月19日土曜日13時ごろ仙台駅前⇒東京経由山梨までの大型バスを運行予定との事。
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
  • 開花情報♪ #ひまわり #明野 #JR韮崎駅 #アクセス
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
オフィシャルインスタグラム
Instagram
Twitter プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール