甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。

・活動日 1月21日(土)
・活動場所 岩手県陸前高田市 矢の浦漁港
・参加人数29名

今回ボランティアバスに参加してくださった方は女性の方が半分以上で、20歳代以下が内7名いらっしゃいました。
行き帰り道中共に雪が降ったり、雨が降ったりと天候の変化が激しい2日間でした。

この日は陸前高田市災害ボランティアセンターへ200名程のボランティアさんが来ていました。
人と人がつながっている場所だと改めて実感させられます。P1020862
P1020862

活動は、前回同様矢の浦漁港での土嚢作りと積み上げを行いました。
雪がちらほら降っていましたが風はあまりなく、活動しやすい気候でした。
活動前、リーダの仲井さんから矢の浦漁港の事を話してくださいました。
今、土留めをしている道は、高齢者の方の利用が多く、その方々にとって、買物など街に出掛ける唯一の一本道であるそうです。
その事を聞き、更に協力したいという気持ちが高まりました。P1020866
土嚢の袋しばりもコツが必要で、袋をしばる人の担当を決め、土嚢袋を作る方々も2人1組に分かれて作業を進めていきました。P1020869
P1020879

P1020885
P1020887

作業を進めるにつれ、団結力が高まり、活動が終わったあとの皆さんの笑顔は素敵でしたP1020932

作業を終え、いつものようにボランティアセンターで借りた道具は、海水で汚れを落とし、センターで綺麗に洗って返却しますP1020923

ボランティアセンターを後にし、今では当たり前の寄り道の一つの採れたてランドはリニューアルされていて、少しずつ復興が進んでいる様子が伺えました。中にはりんごや、保存が利くジュース、調味料が販売されています。
春になり、採れたての野菜が沢山並ぶことを楽しみにしています。P1020944

こちらで、農産物を買い、気仙沼の復興屋台村に寄って帰路に着きました。
足元が悪い中、参加してくださった皆様本当に有難う御座いました。

                                    (作:小澤)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東北応援団 参加団員募集!
「陸前高田・気仙沼復興支援ボランティアツアー」
ほくとトラベルでは、3月9日(金)〜11日(日) 夜行1泊3日間のツアーを企画いたしました。

*行程*
3月9日(金)山梨各地(夜)==池袋(車中泊)
  10日(土)岩手県内ボランティアセンター(活動)==気仙沼==大島=
       =宿泊施設
  11日(日)ボランティア活動または原虫主催イベント参加==大島〜〜
       気仙沼==観光地に復興応援==各地

【お申込み・お問合せ】
山梨峡北交通株式会社 http://www.kyohoku.jp/
電話0551-42-2343(代) FAX0551-42-2381
E−mail info@kyohoku.jp

共催団体
NPO法人甲斐のめぐみ http://www.kainomegumi.jp/


皆様のご参加をお待ちしております。

 昨日19日のYBS山梨放送PM6:15からのワイドニュース内で、
当社のボランティアバスを放送して頂きました。

前回1月14日(土)の活動時に同行取材した内容ですが
ボランティアに参加する方の「想い」と現在の被災地、
ボランティアセンターの状況が伝えられました。

この放送を通じ、一人でも多くの方が、今なお続くボランティア活動の
理由と、その必要性を知っていただき、その輪が繋がって行くことを
願っています。

参加者の皆さんには、ボランティアをしながらの撮影にご協力いただき
ありがとうございました。

次回のブログでは、明日21日の活動と3月に計画している1泊3日の
ボランティアツアーについてご報告、ご案内いたします。


P1020843

活動日     2012年1月14日(土)
活動先     岩手県陸前高田市災害ボランティアセンター
活動現場   岩手県陸前高田市小友町
参加人数   30名

今年最初の活動は甲斐のめぐみ恒例となった?漁港再生プロジェクト
矢の浦漁港での土嚢積みです

こちらは前回までの作業の成果
P1020837

資材を降ろし、現場へ移動します
P1020827P1020830画像 011
今回は地元山梨の放送局による取材が入りました
放送は19日とのことです

ボランティアリーダーによる作業説明と注意事項の様子
画像 009

この日はこの場所に土嚢を積み上げます
画像 016

冷たい風が吹く中の作業の始まりです
画像 017画像 022画像 030画像 032画像 028画像 027
すぐ目の前は海、地盤沈下のせいで波が越えそうです
P1020829P1020836画像 015
簡易なスコップでは凍った土には歯が立たず、ご覧の通り・・・
画像 033画像 034
土嚢袋を使い果たし、この日の作業は予定通り終了
バスへと戻り、ボランティアセンターへ
P1020833P1020834P1020835
地元の農産物販売所にちょっと寄り道
センター出発時には恒例のお見送り
この後、気仙沼の復興屋台村に向かいます
P1020846画像 038
車窓から「奇跡の一本松」
P1020848

気仙沼市鹿折地区
至る所に打ち上げられた漁船の残骸と津波の傷痕
P1020851画像 039画像 040画像 041画像 042画像 044
ひと際目立つ大型船
P1020852P1020854
P1020856P1020858
復興屋台村で経済支援(お買い物)で自由に散策
P1020859



今回も怪我なく終了しました
参加者のみなさん、寒い中お疲れ様でした

DSCF2349


このページのトップヘ