甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

活動日:平成24年4月21日
活動場所:陸前高田市気仙町
参加者:41名(男性20名・女性21名)
活動内容:側溝の泥だし

前回訪れたときに比べ、だいぶ暖かくなりました。
一関の道の駅かわさきでは、つばめが巣を作ったようです。
早朝から元気に親が子にえさをせっせと運んでいました。
かわいいですね〜
 
画像 001


陸前高田市ボランティアセンターに到着。
画像 007_1

各地から観光バスが8台も来ていて、多くの人で溢れています。
ボランティアセンターの方も、震災の放送が少なくなってきたが、たくさんの人が来てくれて嬉しいとおっしゃってくださいました。
画像 005

受付とオリエンテーションを終え、作業現場に移動。
21_ 00221_ 00321_ 00421_ 00521_ 00721_ 00821_ 01021_ 01121_ 015
奇跡の一本松を車窓から眺めながら現場に到着。
早速資材を降ろし作業手順を確認して開始です。
21_ 01721_ 01821_ 019
今回の活動内容は、気仙町で側溝の泥だしを行いました。
側溝の中やフタの隙間に泥がつまり、固まっています。
まずはフタを上げる作業から・・・
重たいフタはなかなか開けられず大変そうです。
21_ 02121_ 02221_ 02321_ 02421_ 02521_ 028
1189_original1174_original1226_original
順番にフタを開け、泥をかき出します。網の中の細かい部分も丁寧に掻き出します。
21_ 02921_ 03121_ 03221_ 03321_ 03521_ 04021_ 04421_ 05821_ 061
女性にとってはハードな作業です
21_ 06921_ 07021_ 071
側溝はすっかりキレイになりました
21_ 065

昼を回ったところで最後にフタを入れて終了
1243_original1244_original1245_original
余談ですが、すぐ隣では「手を貸すぜ東北」チームが活動してました。
こちらは茨城からボランティアを送り込んでいるボラバスです。
1149_original1150_originalP1030313

作業中活動しやすく春を感じる1日となりました。
ボランティアセンターで活動報告を済ませ
今回も気仙沼で買物をして、無事に山梨へ帰ってくることが出来ました。
1320_original


画像 008


ボランティア参加をお考えの方、暖かくなってきたこの時期に一緒に行きませんか?
ぜひ、お待ちしています。
(記・小澤)

 今日も一日暖かい日でした。

 さて、市内の桜も少しづつ北上しています。

  実相寺(武川町) 
    ピークは過ぎていますが十分愉しめます
 
  眞原の桜並木(武川町)
    満開です!

  清春芸術村(長坂町)
    3分咲き。週末は見頃でしょう!

  神田の大糸桜(小淵沢町)
    2分咲き。週末は見頃になりそうです。

  三代校舎ふれあいの里(須玉町)
    1分咲き。

      

 明野町にある「ハイジの村」では、4月14日よりチューリップ祭りが開催されています

 今年は少し開花が遅れているようですが、週末にはきっとかわいいを咲かせてくれることと思います。


 ぜひ、週末には北杜市へお越しください! 
 
 花巡りには当社のバス&タクシーをご利用ください 

 

甲斐のめぐみ様との協同支援活動も前々回(4月7日)で第50回目となりました。
当社の震災支援しては、54回目でした。

この回数は、今まで多くの皆様にご協力いただいた数でもあり、みなさんと共に歩んだ数でもあります。
そして、表には出ない様々なご協力やご支援も数えれない程ありました。

時には、ご指導を頂き、時には激励を頂き、今日を迎えています。
おそらく災害支援に疎い私達だけでは、ここまでは続けることができなかったと思います。


50回という数に込められたみなさんの「想い」は、その回数では計り知れないほど強く、優しく、
その想いを感じながら、貴重な経験をさせて頂いている皆様に改めて御礼を申し上げます。
そして、私達の使命としてこれからも続けていければと思っています。


 今後とも宜しくお願いいたします。


    山梨峡北交通株式会社 
    代表取締役 野 口 正 人

このページのトップヘ