甲斐的空間

市内や山梨県内の観光情報、弊社の事業活動を紹介いたします。

来て見て甲斐感!山梨のおもてなし。🄫2008 Yamanashi Kyohoku Kotu Co.,Ltd.

活動日 3月10日(土)
参加人数 64名(日帰り班)
活動地  岩手県陸前高田市
作業内容 細かい瓦礫の撤去
       側溝の泥だし     
作業現場 米崎町 海岸沿い

今回は、1泊のボランティアツアー参加者も含め総勢100名で陸前高田市へ向かいました。


先月に比べ寒さも和らぎ、道の駅かわさきの温度計は0℃でした。
03_10 001




この日は震災から1年という事もあり、約700名の方がボランティアセンターに来ていました。
マッチングが終わり、現地スタッフによりオリエンテーション。10日時点の陸前高田市の被害状況について話してくださいました。
死者    1555名
行方不明者 288名
全壊.半壊 4000世帯
この話を聞いて改めて被害の大きさを実感しました。



作業現場に移動し、作業別ボランティアリーダーに作業をする時の注意事項などを説明していただきました。
03_10 014





・作業現場付近の様子
画像 104

03_10 063


作業は、細かい瓦礫の撤去班・側溝の泥だし班に分かれて行いました。

《瓦礫撤去》
こちらは元々住宅があった場所です。
画像 021



落ちている瓦礫も食器など生活用品が殆どでした。
遠くから見ると分かりませんが、
よく見ると瓦礫がたくさん落ちています。
その小さな瓦礫を拾い集め、種類ごとに分けて置いていきました。
画像 078
画像 092

広範囲に渡り瓦礫が散乱している為、皆さん散らばって活動をしました。


《側溝の泥だし》
まず、協力をして側溝の蓋をあげます。
画像 067


側溝の中の泥をかき出し、土嚢袋につめていきます。
03_10 079
03_10 025

2人ペアになり、効率よく作業をすすめていきました。

最後に側溝の蓋を閉め、綺麗に掃いて作業終了です。
画像 110


悪天候の中、皆様お疲れ様でした。
画像 113


今回も初参加の方が大勢いらっしゃいましたが、
皆さん「テレビと現実は違う」とおっしゃっています。
震災から1年経過しましたが、私自身も現地へ行く度に
まだまだ時間は必要だと感じています。

この1年の間、甲斐のめぐみさんとの協同で行っているボランティアバスも44回運行され、本当に沢山の方にご協力頂きました。
有難う御座いました。
また、今後もご協力を宜しくお願い致します。

活動日 3月3日(土)
参加人数 68名
行先  岩手県陸前高田市

今回も初めて参加してくださった方が半数近くいらっしゃいました。
多数の参加を頂き、2台体制で池袋を出発したボランティアバスですが
東北自動車道が大雪の為、白河〜白石区間が通行止めになってしまい、2台共立ち往生。
SAで待機、次第に夜が明けてきます。
画像 005

03_ 002

通行止め解除になったのは早朝6時半過ぎ
ようやく再出発と思われましたが、渋滞は延々と続きます。
03_ 00303_ 00403_ 005
結局ボランティアセンターに到着したのは、午後1時過ぎ。

この日はやはり雪のためVCの活動が12:00で終了となってしまっていたため作業は出来ませんでしたが、せっかくここまで来てくれたボランティアの皆さんの為にと現地スタッフの方がボランティアセンターを設立したきっかけや地元の方々の思いなど普段聞けない貴重なお話しを聞かせて頂きました。
画像 016
画像 013




・“皆さんが活動している姿は地元の方を安心させる”
瓦礫撤去や側溝の泥上げはいずれ機械でやればいい
しかしそれでもボランティアをお願いするのは、
活動している人の姿が地元の人をほっとさせるから
前向きに頑張る姿をみて皆安心している

・地元の人の願い
“ケガをしてほしくない”
これ以上ケガをする人をみたくない、ケガをされたら悲しい

・今後大切にしてほしいこと
“あいさつ、近所の人の大切さ”
何かあったときに助けられる関係性になるかもしれない





色々な話をきいて衝撃をうけた事もありましたが、
被災地の現実を改めて実感する日になりました。

ボランティアセンターを後にし、採れたてランドと復興屋台村に立ち寄り
帰路につきました


長時間のバス移動になりましたが本当にお疲れ様でした。
活動はできませんでしたが皆様の想いは届いたと思います。
皆様のご協力のもと無事帰路に着くことができました事をご報告し、御礼申し上げます。
ありがとうございました。
画像 019

第2回目の社員研修は、救命講習に参加しました。

1班 2月18日・・長坂総合支所 09:00〜12:00
2班 2月19日・・韮崎消防署   09:00〜12:00

峡北広域行政事務組合消防本部 北杜消防署・韮崎消防署の方の分かりやすい指導の下、一次救命処置の重要性や心肺蘇生法・AEDの使用方法を学ぶことが出来ました。
毎年恒例ではありますが、忘れてしまっていた事もあり、受講の大切さを改めて実感できました。

心肺蘇生法が昨年と少し変わった所もあるので紹介したいと思います。
    ↓
―病者(ケガ人・急病者)を発見したら周囲の安全確認
 肩をやさしく叩きながら大声で呼びかけます。

大声で叫び応援を呼ぶ
 『誰か来て下さい!』
 誰かが来た場合は119番通報とAEDの手配指示をします。(指示をする時は相手の目を見て指差しを行う)

8撞曚魍稜
 「普段どおりの呼吸」か胸と腹部の動きを確認
 今年から素早い救命処置が行えるように、呼吸確認法が見直されたようです。
〜以前はこんな感じでした〜
  見て!(胸の動きを)聞いて!(呼吸音を)感じて!(息がかかる感覚を)1・2・3

じ撞曚鬚靴討い覆い犯獣任靴燭蕁胸骨圧迫30回・人工呼吸2回


少しでも早い状況判断をし、救急隊に救命処置を引き継ぐ、
または傷病者に呼吸や目的のある仕草が認められるまで絶え間なく続ける事が重要とのことです!

いつ、どこで突然のけがや病気に襲われるか予測できませんが、今回の研修を通して私たちにできる『予防』をしっかり身に付け日々過ごしていきたいと感じました。
また、峡北広域行政事務組合消防本部 北杜消防署、韮崎消防署の皆様、分かり易いご指導をして頂き、有難う御座いました。

皆さん写真を撮るのも忘れる程、真剣に講習に参加した為、
写真がない記事になってしまった事をご了承下さい。

このページのトップヘ